箸で切れるほどトロトロ!とことんタンを味わえる名店はここだ!

ゆで、焼き、シチューだけじゃない!絶品たん料理尽くしが楽しめる

タン好きを公言するならば、必ずおさえておきたい名酒場がある。たん焼きはもちろん、ゆでたんからタンシチューまで、とにかくタン尽くしを楽しめる!

美味しいタンをお腹いっぱい味わいたい日に行くべき『たん焼 忍』を紹介しよう。

特徴的な看板が灯る店先から既に店内の賑わいを感じ取れる

老舗の風格!重厚な佇まいに期待値が急上昇

昭和53年(1978)創業の老舗『たん焼 忍』は、絶品タンを求めて集まるグルメな大人たちで連日連夜大盛況だ。

駅から徒歩7分ほど歩き、店先で「いらっしゃい」と出迎えてくれるのは、同店を創業当時から守る女将だ。女将の笑顔にほっこり癒され、店内に入ると立派な欅の柱や鍛冶物、白壁、瓦の床で造られた重厚な佇まいに圧倒される。

通されたテーブルを見れば、栂(ツガ)であったり、カウンターは火に強いジマツだったり。何百人という人がここでタンの美味しさに唸ったのだろうと、『たん焼 忍』の歴史にまで思いを馳せてしまいたくなる佇まいである。

テーブルやカウンター席の他、店内奥には座敷席も備える

元は歌舞伎町で洋食を提供するレストランを経営していたオーナーの上杉さん。同時はまだ珍しかったピザをいち早く提供するなど、時代を読む力に長けていた上杉さんが、次に目を付けたのがタンだったのだ。

仕込みには時間がかかるが、提供時は切るだけでいい。それでいてしっかりおいしく食べ応えもあるタンは、大当たり。開店当時から人気店となった。

「ゆでたん」(1人前1,000円)※写真は1人前3枚に1枚プラスしたもの1,340円

一番人気は柔らかすぎる“ゆでたん”

賑わう店内に入って、まず注文すべきは「ゆでタン」、「たんしちゅー」、「焼きたん」という同店イチ押しの3品だ。

まずは一番人気の「ゆでタン」。さぁ食べようと箸で掴んだ瞬間に、その柔らかさに驚愕してしまう。この柔らかさを生んでいるのは、やはり煮込みの工程。まず皮のまま7~8時間じっくりと丁寧に煮込まれ、その後皮をむく。箸で切れるのは言うまでもないが、口に入れると噛む必要を感じないほど、瞬く間にとろけていく。味付けはシンプルに塩胡椒、わさびのみという潔さも素晴らしい。わさびはたっぷりつけて食べるのがおすすめだ。

「たんしちゅう」(1,130円)※写真は1人前3枚に1枚プラスしたもの1,540円

和風デミグラスとタンが生む濃厚な味わい

続いては「たん しちゅう」。これぞタンシチューだと言わんばかりの、完璧なフォルムで登場。皿に盛られているのに、既にとろけてしまいそうな儚いまでの柔らかさから、すぐさま手を伸ばせば、期待以上の美味しさが口いっぱいに広がっていく。

創業当時から継ぎ足し、継ぎ足しで受け継がれてきた和風デミグラスソースの味わいも、タンの味を決して邪魔することなく、お互いを引き立て合っている。ご飯との相性も抜群なので「ライス」(250円)をオーダーする人も多いとか。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo