厳選!心を打つ究極のひと皿 Vol.2

“感嘆の味わいに、奮発してしまう。
 冬が来るたび足を運ぶ、極みの美味”

美食家・林真理子さんが感じる、冬の風物詩

1人前¥20,000。あん肝だれ¥2,500。林さん絶賛のひと品。あん肝だれは酒杯が重なる味わい。ふぐ刺しの他に、白子焼き、ちり鍋といった品々も評判が高い

アジマン

味満ん

Special dish
ふぐ刺しあん肝だれ添え

その店は、六本木の繁華街から路地を入った一画にある。創業30余年になるふぐ店だ。ぱりっとした暖簾、白木のカウンター。小体な店のしつらえは玄人好み。シーズンのピークを迎えるこれからの時期、ふぐ好きがこぞって集うのだろう。林真理子さんも、毎冬必ず訪れるという熱狂的なファンのひとりだ。

今回“究極のひと皿”に推し、「芸術的」と評するのが、白い大輪を咲かせる「ふぐ刺し」。形が良く、身が締まった身欠きのふぐは2日間ほど寝かし、刺身は厚めに切られる。ほのかに飴色を帯び、実に艶やか。身には弾力があり、淡泊だが深い味を醸し、甘みを含む。皿の中央に高く盛られた皮刺し「みかわ」や湯引きは、また違った味の楽しみをもたらす。

通常は自家製のポン酢で味わうのだが、林さんの推奨は「あん肝だれ」。詳細は差し控えるが、“キモ”となる肝は選りすぐりも選りすぐり。裏ごしした後、当たり鉢であてつつポン酢で割り、口当たりはふんわりと、しかしパンチのあるたれにする。丁寧に切り揃えられたあさつきともみじおろしを加え、刺身にまとわせて味わえば、これまさに恍惚の境地。

ふぐの時期は「彼岸から彼岸まで」と言われるが、本来の旨み甘みを身に宿す11月から2月に、いよいよ最旬を迎える。「あん肝だれの濃厚さは驚きのひと言。刺しが厚いのでよく合います。高くても毎冬必ず来店するほど好き。思い切って人にも奢ってしまう」と、推薦者。

美食家、林真理子が焦がれる。ここは『味満ん』という。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【厳選!心を打つ究極のひと皿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ