美女も笑顔になっちゃう隠れ家!その名も『不愛荘』、その居心地は抜群だ!

『不愛荘(ぶあいそう)』という店名ながら、大将は気さくで会話も楽しい!

遊び慣れた大人ならば、1、2軒は押さえておきたいのが外にほぼ目印のない隠れ家的名店。

今回紹介する『不愛荘』もそんな名店のひとつ。階段下に灯るひょうたん型ランプだけが、店の場所を示してくれる。

目印のひょうたん型のランプ。ポストにも『不愛荘』三〇一号と書かれているので、勇気を出して階段をのぼっていこう

足元に灯るランプの明かりを頼りにマンションの3階へと進む

恵比寿駅から徒歩3分ほどで辿り付く恵比寿南1丁目。近年食通たちが注目する名店がこぞってオープンするエリアの一角に『不愛荘』はある。

店先に掲げられる看板はなく「てっぱん」と書かれたひょうたん型のランプのみが同店の目印だ。普通のマンションのような佇まいに、「本当にここ?」と思わずには居られない。

「鉄板焼きを食べに行こう」と誘われて、行ってみたら普通のマンション……というドキドキ感は、デートにおいても最高のスパイスになってくれるだろう。

階段の途中にある看板から「間違ってないぞ」と確信を持てる

階段をのぼっていくと、途中にやっと「てっぱん料理 不愛荘」という看板があり、少し安堵したのもつかの間、出迎えるのはごく普通のマンションの扉。

この扉を躊躇なく開けることが出来るようになれば大人の称号を得たも同然

「え、これ人の家では?」と躊躇すること必至である。

鉄板を囲むように座れるテーブル席も備えるが、おすすめはやはりライブ感のあるカウンター席だ

扉を開ければ名店の風格を即感じる

扉を開けて中に入っていくと鉄板の前で腕を振るう大将が「いらっしゃい」と出迎えてくれる。予約の名前を告げ、席に。

接客中のほがらかな笑顔とは打って変わって、鉄板に向かう時の表情は真剣そのもの

おまかせコースは4,000円~選べるが、この日は人気の6,000円コースをオーダー。予約の時に好みのコースをオーダーしておけば、後は好きなお酒を選ぶだけ。

料理は目の前で繰り広げられる大将のヘラさばきを眺めつつ、身を委ねればいい。

「海鮮盛り合わせ」。この日は白ハマグリ、本マグロのたたき トマトわさびソース、牡蠣、本ししゃも、タコの柔らか煮

コース最初に登場するのは「季節の海鮮盛り合わせ」。

昔から付き合いのある仲買人さんから仕入れる新鮮な旬の魚貝を使用しており、日によって少しずつ内容が変わっていく。

「焼きうに、おこげイクラのせ」。「ジャパニーズピッツァ」のような感覚で熱いうちに召し上がれ

コースのなかでも人気が高いのが「焼きうに、おこげイクラのせ」。

香ばしいおこげと、炙ったうに、そしていくらの旨みが、一体となって口いっぱいに広がるのだから美味しくないはずがない。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo