ここは渋谷ですか?綺麗なお姉さんが毎夜集うフレンチが「渋2」にあった

※現在こちらの店舗は閉店しております。

目も舌も肥えた大人の女性が満足できるお店は限られている。

場所が渋谷、となるとそんなお店を探すのは更に難しくなるだろう。しかしやはり「渋2」は強い。ここ『キャリエ』は居心地のいい上品な店内の雰囲気に加え、一皿一皿、驚きのあるコースを提供する人気フレンチだ。

女子会オーダー率NO,1のコースの内容とは?


女子を虜にするストーリーと
サプライズに溢れたフレンチ
『Calié』

テーブルにつくと、そこにあるのは一風変わったメニューとフォトブック。メニューには〝浅野さん 高さん 野菜〞〝仔羊〞と素材を表す言葉が続き、ブックに載るのは生産者に関する写真つきの説明だ。

フォアグラとコンソメ。コンソメは丸鶏でブイヨンをとり、次に胸肉のミンチでもう一度スープをとり、クラリフェさせて完成させた手間のかかった逸品


「何を食べさせたいのか分からない料理は出したくありません。そんな想いもありコースメニューにも主役の素材だけを書いています。ブックに関しては、フレンチというフィルターを通して生産者の方のお仕事を発信していきたいという思いで作りました」と話すのはシェフの高木和也氏。

能登の高農園と千葉県のエコファームアサノから直送された旬の野菜

そう高木氏が話すように、『キャリエ』の料理にはシェフと生産者の共同作品といったチーム的なパワーがある。クラシックの基本をおさえながら、プレゼンテーションはユニークだ。

チーズ風味のベーグルで挟んだパテ ド カンパーニュ

コース「サフィール」は旬の食材による計8皿で構成される。1品めのパテ ド カンパーニュは熱いベーグルに挟まれ提供され、メインの前にはサプライズの寿司が登場する。

千葉県で米農家を営む高木氏の実家の米を使った季節の寿司

唐突なようだが、この寿司が入ることでひと呼吸おけるのも事実。次に登場するお肉へ期待感も高まるはずだ。


ここで、待ちに待ったメインディッシュが登場!この日は、仔羊の骨からとったジュとフォンドボーを合わせたソースで食べるラム。柔らかな食感と奥深い味わいに感動すること間違いない。

鰻の寝床ように細長い店内は仕切りがユニーク!

大人な女性たちは、こんなストーリー展開に魅せられて『キャリエ』に足を運び続けるのだ。

本日発売の月刊誌「東京カレンダー12月号」は一冊丸ごと、渋谷特集!

大人が再び「渋谷」に行きたくなる情報だけ掲載!

渋谷は若者だけの街じゃない!大人が本当に使える渋谷の情報は最新号「東京カレンダー12月号」に!

恵比寿、表参道には行くけど、最近、渋谷に行っていない、そんな大人に捧げる保存版・渋谷パーフェクトバイブルだ!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は10/21(土)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo