日本一柔らかな北海道いくら!今が最高の旬を迎えた銀座のいくら丼をご紹介!

「北海丼」(4,500円)。うに、いくら、鮭、カニ、帆立という北海道産の海の幸をふんだんに盛り込んだ豪華な丼は、贅の極み!

豪華海鮮丼にも大注目!

もちろんいくらだけでなく、その他の北海道産食材も絶品である『北海道UEDAGUMI』。

10月から提供を開始した「北海丼」や「知床三昧丼」などの丼メニューにも注目したい。

「知床三昧丼」(3,000円)。いくら、カニ、ホタテ、鮭を使用

いくら丼と同様に、北海道産のななつぼしの白米の上に、北海道産の魚介がたっぷりのる。

肉厚なホタテや、旨みの強いカニ、そしていくらやうにという贅沢な食材たちが全て北海道産なのだから、旨くないはずがない!

「レディース御膳(日替わり)」(3,500円)は、ランチでも内容は変わらず2,980円とお得に楽しめるのも嬉しい!

うにソースがたまらない!!

女性ならば、鮭、タコ、ホタテの切り身に、特性のうにソースを合わせて味わう「レディース御膳(日替わり)」もおすすめ。

蒸したうにと生うにを合わせて裏ごしし、秘伝の調味料で味付けした濃厚なソースは、ご飯との相性も抜群。

少しずつ魚介に付けながら味わうのもいいが、豪快にソースをかけてご飯とともに味わうのがおすすめ。

好みの味わい方で、この絶品御膳を楽しんで欲しい。

高級感は漂うが、決して入りにくさは感じない全9席のカウンター

銀座大食堂のホール席で味わうこともできるが、イチ押しは『北海道UEDAGUMI』のカウンター席である。

鮮度抜群の美しい魚介たちが目の前で、華やかな丼や御膳へと姿を変えていく様子は、見ているだけでも食欲をそそられる。軽めの接待や会食、デートや女子会まで幅広く利用されている『北海道UEDAGUMI』は、10月末~11月上旬がイキドキ!今から予約して、新ものいくらの美味しさに酔いしれよう。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレユーザーの休日事情を緊急アンケート!】
コロナ禍で、生活様式が大きく変化した一年。
食事や趣味などについて、
貴方の休日の過ごし方をお聞かせください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/OZ71A7QL

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo