令嬢ライフ Vol.3

令嬢ライフ:一流メゾンで働く女の、見たくなかった夜の顔。淑女じゃなかった女の一面

真の「令嬢」を、あなたはご存知だろうか?

アッパー層の中でも、その上澄みだけが集う世界で生きる薫は、「普通」とはかけ離れた価値観で生きてきた。

高価なジュエリー、日々の美食、時間に追われぬ毎日。

仕事も家事もせず、誰もが羨むような贅沢を当たり前のように享受する薫。

そんな薫にも悩みはある。

だがそれはやはり、「普通」とはかけ離れたものだった。

懇意にしている百貨店の担当さんや偶然再会した同級生から、思いがけない言葉を言われて、落ち込む薫。さて、今週は…?


今夜は久しぶりの女子会。

薫はデートのときよりも入念に全身をチェックする。

選んだのはドルチェアンドガッバーナの、新作のシルクのブラウスとタイトスカート。

このメンバーならいいよねと言いながら、シャネルの真っ赤なリップをつけてみた。

久しぶりに会う今夜のメンバーには、積もる話が山ほどある。

実家に戻り「家事見習い」をしている麗奈、バリバリ外資系金融機関で働いている美香、サロンを経営する由衣、そして薫。

薫を通して仲良くなった顔ぶれだ。

薫とまではいかずとも、皆学生時代から経済的に余裕があり、そして美しかった。

4人でホテルのスイートルームでパジャマパーティーをするなんて定番で、本場に行ってみようと言って韓国に焼肉を食べに行ったり、シンガポールスリングを飲むためにみんなでラッフルズ ホテルに泊まったりしたこともある。

失敗した買い物も、別れた彼も、なんとなく笑い飛ばせるような、そんな仲良しだった。

余裕がある女同士はマウンティングなどしない。

すべてにおいて余裕がある彼女たちと過ごすことは、薫にとってすごく楽なのである。

恋愛相談も、買い物の相談も、嫉妬や嫌みとは無縁だった。

【令嬢ライフ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo