はいすぺさんが通る Vol.2

はいすぺさんが通る:男が言う「頭の良い女性が好き」を信じたハイスペ女子の悲劇

容姿、学歴、収入。男のスペックは高ければ高いほど良い。

が、同じだけのスペックを女が持ち合わせたとき、果たしてそれは本当に幸せなのだろうか。

東京にはある一定数、女ながらも男並みの「ハイスペック」に恵まれた層が存在する。

傍から見れば完璧な彼女達には、ハイスペックであるが故の葛藤があった。

東大卒業後、世界最大手の外資系証券会社で働く24歳の。ハイスペ女子としての誇りを持っているものの、並の男性以上に働く自分の生き方に、わずかな疑問も抱えるようになっていた。

ある日、楓が大学からの友人・美里と飲んでいると、元カレ・敦が恋人らしき女性と一緒に入ってきた。敦が語る、楓との思い出とは・・・?


その晩、僕は久しぶりに亜美と飲みに出ることにした。

亜美とはもうすぐ2年の付き合いになるが、付き合い始めた頃と比べても、コロコロよく笑う彼女のことは益々愛おしくなる一方だ。

接待を片付けた後で、彼女と出かけ直すには遅い時間だったが、ここしばらくかかりきりだったディールも丁度クローズしたところだし、久しぶりに二人で軽く飲みに出ようかということになった。

亜美の良いところは沢山あるが、なんといっても僕が一番気に入っているのは彼女の大らかさだ。

外銀勤めの僕にとって、プライベートに多くの時間を割り振ることは難しい。

限られた時間を一緒に過ごすなら、日頃のストレスを忘れさせてくれるような、優しくて明るくて大らかな彼女が良いに決まっている。

とはいえこう考えるようになったのは、つい数年前からだ。

外銀でのキャリアは8年目を迎えたが、この業界の同期や先輩の多くとは違い、今も昔も自分は女性関係にはかなり堅実なタイプだ。

同業の仲間達が、モデルやCAなど、所謂「華やかな女の子」と派手に遊んでいるのは散々見てきたが、一時の遊びならまだしも、少なくとも何年かを一緒に過ごす相手としては全く考えられない。

その上、一時の遊びとして彼女達と過ごす暇があるなら、仕事や趣味に打ち込んでいたかった。

だからこそ、彼女にするならお互いにきちんと理解し尊重し合える相手、と決めていた。

そしてそれは、パートナーの選び方としては間違っていなかったと思うが、元カノ・楓とは、お互い「不幸」になっただけだった。

「互いを理解し、尊重し合える」というのは必ずしも、「2人が同じような価値観を持ち、同じレベルのスペックを持つ」ということでは無かった。

当時の僕はそのことに、まだ気づいていなかったのだ。

【はいすぺさんが通る】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo