あなたの部屋はそれほど Vol.1

あなたの部屋はそれほど:素敵なタワマンなのに、なぜセクシーじゃない?高輪在住・外資系マーケター自慢の部屋

高級タワーマンションの、意外な部屋


浩紀は、高輪にあるタワーマンションに住んでいた。

大手不動産が手掛ける、高級分譲マンションシリーズである。

生まれも都心部で裕福な家庭で育った彼は根っからの港区ラバーで、知り合った頃からこのタワーマンションに一人暮らしであることを仄かに自慢していた。

リーマンショック直後に、不動産に精通した父親の勧めで2LDKの90㎡近くの部屋をお得に購入したというのだ。(頭金は親が負担したというのも、何の負い目もなさそうに胸を張って話していた)

最寄り駅は白金高輪駅、もしくは白金台で、徒歩5分強。麻布十番や品川方面にも自転車で行けるそうだから、たしかに便利である。

明治学院大学のちょうど向かいで、周辺の雰囲気もオシャレでのどかだ。

「美味しい店も、何だかんだこの辺に集まってるじゃん?やっぱり俺、港区からは離れられないな」

どうしてだろうか。

普段はこういった自画自賛系の男は苦手なのに、浩紀だけは、なぜだか微笑ましく思える。男女には、よく分からない相性がある。


彼の自慢のマンションのエントランスは、想像以上に素敵だった。

3フロア分くらい吹き抜けになった高い天井に、センスの良い生花と、ホテルライクな家具や調度品。エントランスの豪華さに関しては、数ある都心のタワーマンションの中でもトップレベルではないだろうか。

「すごく素敵なエントランスだね」

「由貴ちゃん、分かってるね。俺もそれが決め手だったんだ」

自尊心をくすぐられ、少々ダラしなくなったその顔も、やっぱり嫌いじゃない。

私は甘い感情がくすぐったく胸の内に広がるのを楽しみながら、浩紀にピタリと寄り添いエレベーターに乗り込んだ。

しかし、その部屋に一歩足を踏み入れたとたん、思わず唖然としてしまった。

一言でいえば、部屋の中はとてつもなく散らかっていたのだ。

「ごめん、ちょっと汚いけど」

「...ちょっと、どころじゃなくない?」

リビングの床には、大量の洗濯物が散らばっていて、ダイニングテーブルの上には郵便物や書類が文字通り山積みになっていた。

コーヒーテーブルにはハーゲンダッツの空の箱が置きっぱなしだし、「座ってて」と言われたソファも、脱ぎ捨てられたワイシャツやスーツで占領されている。

「何か飲む?」

部屋のあまりの乱雑さに驚きを隠せない私を、彼は特に気にする様子もなく、床に散らばった衣類を拾いながら言った。

「うん...じゃあ...、お水」

ふつう、男の部屋に初めてお邪魔するときは、あともう一歩酔いたくなるのに、そんなテンションではなくなってしまった。

しかし浩紀はそんな私にお構いなく、意外にも立派なグラスに注がれた水をぐちゃぐちゃのコーヒーテーブルに置いてテレビをつけると、今度はお笑い番組の批評を始めた。

―勿体ない...。

これではせっかくの高級タワマンも、豪華なエントランスも台無しだ。全然セクシーじゃない。

だが、やっぱり不思議なことに、なぜだか嫌な気は全くしないのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
散らかってんだか清潔なんだか(笑)
ぜんぜんイメージ湧かないし。
2017/10/06 23:5511返信1件
No Name
街や人ではなく、部屋そのものに注目するなら、写真がないとね〜
2017/10/06 18:379
No Name
全てがハイスペックなのに部屋が汚い、、人間味があっていいけどな。
2017/10/08 00:428
No Name
So What
2017/10/07 18:462
毎日が泡
え、しないの?するでしょ!
2017/10/08 00:052
もっと見る ( 7 件 )

【あなたの部屋はそれほど】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo