東京美食MAP 10の街 新宿、ワイン酒場の最前線 Vol.2

マルゴ グランデ

marugo grande

思うままに飲んで、食べて。飾り気ない普段使いがこの界隈のスタンダード

週末ともなると遅くとも20時には満席になる人気店。道路に向いた心地良いテラス席も、またたく間にお客が鈴なりになる

副都心線開通や再開発で新宿三丁目末広亭周辺エリアがにわかに活況を呈して数年。その中心地が『marugo grande』だ。広く路地に開いたガラス扉の奥に見える酔客の風景は、「自分も、一杯」を思わせるのに相応しい賑わい。その空気が伝播して、常連達だけの閉じた街が、広くお客を受け入れるようになった。

カジュアルな価格でほどよくマニアックなワインを揃えるのが信条かと思いきや、1階から地下へと続くワインセラーには5大シャトーはじめ高級ワインも並ぶ。1,500種2,500本の中からおすすめリストにオンメニューされるのは日に20種。だがもちろん、セラーにあるものは全て飲める。いまだロマネコンティ81年の栓は抜かれたことがない。いずれかトライする心意気ある御仁はおらぬか。まずは500円のグラスワインで一献。

左.すずきと夏野菜のグリル、フレッシュトマトとバジルのソース¥1,800。季節感あるひと品は白で

右.鴨むね肉のロースト、クレソンと水なすのサラダ仕立て¥1,000。鴨を夏向けに軽やかに仕立てた。ワインのお供に最適

右.左から、レーニエ¥6,000、アニエス・エ・ルネ・モス¥8,000、リム・グローヴ¥5,400


東カレアプリダウンロードはこちら >

【東京美食MAP 10の街 新宿、ワイン酒場の最前線】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ