LINEの答えあわせ【A】 Vol.18

見落としがちなLINEマナー。「店、決めとくね」の一文に、違和感を覚える女の本音:LINEの答えあわせ【A】

昔から、異性に気持ちを伝える手段として、“手紙”が多く使われていた。

その中には、相手を想う、数々の言葉がつづられている。

時は、2017年の東京。

日々行き交うLINEに対して、現代の男女は何を想うのか。

LINEのやり取りも順調で、デートまでした洋介と佳奈。しかし、佳奈は突然素っ気なくなる

その真相や、いかに。


洋介さんとの出会いは、女友達・涼子のお誕生日会だった。

東京にいると幾度も経験する“お誕生日会”。

主役の涼子さえ知らないような、見ず知らずの友達の友達も集まる、典型的な東京らしいパーティー。

基本的に、こういう集まりで出会う男性はあまり信用していない。皆遊び慣れていて、本心が見えにくいから。

そんな中、洋介さんは周囲と少し違うオーラを放っていた。無理矢理連れてこられた感が凄くて、他の人たちが馬鹿騒ぎをする中、静かに見守っているようなタイプ。

そんな“場慣れ”していない洋介さんに、興味を持った。

「洋介さんは、どちらにお住まいなんですか?」

「僕は今白金だよ。佳奈ちゃんは?」

私の家は、恵比寿だ。家も近い。今日のお誕生日会は、アタリだったかも。

六本木ヒルズにあるIT系の会社で働いていることや、週末は『ザ シティ ベーカリー 広尾』『ブレッドアンドタパス サワムラ』にいること。

犬が好きで、実家は大型犬を飼っていることなど。

気がつけば、そのお誕生日会の間中、夢中で二人で話していた。

方向が一緒という口実で二人でタクシーに乗り込み、家まで送ってもらう。タクシーの中で、LINEを交換した。


定番のやり取りだけれども、これがちょうどいい。新たな恋が、始まる予感がした。

だけど、それは私の勘違いだったのかもしれない。

【LINEの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo