品川駅ユーザーに朗報!港南口でデートに使える2軒は間違いなくココだ!

品川にはいい店がない! とお嘆きの皆様! そんなことはございません。母数は少ないが、デートにもばっちり使える良店もあるんです! 注目すべきは、港南口。こちら口は酒場密集地帯のイメージが強いが、よくよく見れば、実力派の店も多数。

今回はそんな中でもデートにもってこいの2軒をご紹介。品川どころか、都内有数の名店から、楽しいスペインバルまで! 抑えるべき2軒はココ!


港南口で待ち合わせ。あえて洒落感がないのがいい

庶民的なお店が集う港南口は、品川のサラリーマンの憩いの場。大衆酒場然としたお店が主流だが、近年デートにも利用できる洒落感のあるお店も増えつつある。

港南口のエレベーターを下り、そのまま100メートルほど突き進むと、赤と黄色の陽気なネオンが見えてくる。品川フロントビルはビルの下層階に飲食店が複数入っており、『モンテルセーロ』はその路面に位置する。


賑わう店内は、逆にふたりの世界を作りやすい

店内に入ると、BGMはボリューム大きめのスパニッシュ・ミュージック。賑やかな店内にはスペイン語でのオーダーが飛び交い、その活気は本場スペインのバルのよう。

タパスをつまみにスペイン産ワインやシェリーをあおれば、ラテンのムードに流されて本音トークに花が咲く。おすすめは躍動する料理人を間近で見られるカウンター。自然と2人の距離も近くなるのだ。

スペシャリテは、魚介の旨みがぎっしり米に染みたパエージャ。海老、蟹、イカ、浅蜊が豪快にのったパエージャは、臨場感溢れる音をたてながら鉄鍋のまま提供される。

熱い鍋を囲めばその瞬間に場もあたたまる。互いの体温とともに、親密度もアップ!魚介のパエージャ(¥1,680~)は鍋底のおこげも美味。スプーンでガリッと勢いよくとるべし。トマトベースの濃厚な味わいが印象的。

もうひとつの店の名物が肉の炭火焼き。盛り合わせ(¥1,980~)がお得で、写真はアンガス牛のザブトン、オリーブポークの肩ロース。パプリカのアクセントが効いたロメスコソースでいただく。

『Mon-TERCERO』

ムール貝のマリネやシシトウのフリットなど、ベーシックなタパスとシェリーのマリアージュを楽しめる気取りのないスパニッシュレストラン。メインディッシュは肉の炭火焼き、〆はパエージャという流れが定番コース。夜風が気持ちいいテラス席も要チェック!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo