改札内なのにクオリティ高い!品川の『エキュート』でサクッと一杯が大人です

よく利用するけど、意外と降りたことのない街「品川」。食事を楽しむ街ではないという固定概念からいまいち一歩踏み出せない。

そんな貴方にオススメしたいのが、仕事帰りの駅ナカ飲み!品川駅にはわざわざ改札を出なくても大人の一杯が楽しめる『エキュート』が存在しているからだ。

今回はビジネスマンのとあるシーンを元に、ただ乗り換えするだけじゃない、グルメな品川駅の使い方を教えます!


少し距離のある同僚を誘う。改札内だから「いいね」となる

社外プレゼンより帰社の途中。 時間が押したことを上司に報告したところ、NR=直帰でOKとのこと。

月曜だったが、このプロジェクトで初めて組んだ同僚を「駅ナカにいい店あるんだけど、一杯どう?」と初めて誘ってみた。

普段は仕事熱心で物静かな男なのだが、「サクッとなら」と応じてくれた。わざわざ改札を出ない手軽さがよかったのかも。

でもまさか、『エキュート』のエスカレーターを上がった所にある店だなんて、よもや思ってもいないはずだ。


圧巻な日本酒の品ぞろえ!
いいものをちょっとずつが明日に響かない

訪れたのは、六本木でおなじみの人気店『ぬる燗佐藤』だ。日本酒好きにはたまらない名店がまさか品川の駅ナカにあるなんて、実はこの間たまたま見かけて、行ってみたいと思っていたんだ。

山口の「獺祭」、京都の「乾風」など全国の銘酒が店内の壁一面にずらり。彼も日本酒に目がないらしく、この圧巻の品揃えに大興奮。

とはいえ今日は月曜日、大人は一口サイズの「飲み比べ 三種」を選んでサクッと飲んで今日は帰ろう。

手始めに注文したのは、「銘酒飲み比べ 三種」¥2,800。一口サイズのグラスにおすすめの銘酒が注がれる。この日選ばれたのは、「獺祭」「乾風(あなぜ)」「雨後の月」の3種。

日頃、めったに口にできない銘酒をまとめて楽しめるうれしいメニューは、飲みごたえも十分。人気店ならではの仕入れ力で銘酒を豊富にそろえ、全国から集まる日本酒が味わえる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo