大人が楽しめる渋谷案内 Vol.14

渋谷ナンバーワンの名酒場はここ!『高太郎』の予約のコツを教えます

「モロヘイヤとえのき」、「鯵とセロリ南蛮漬け」、「茗荷と釜あげしらす」の3種盛り。

旬を感じる美しく丁寧な逸品料理に酔う

さらに旬が味わえる季節代わりのメニューもご紹介しよう。

季節の3種盛りは、どれも丁寧な仕事が感じられる上、食材の味が引き出された逸品である。

生産者の意思を汲み取りながら腕を振るうという、こだわりをもつ『高太郎』では旬の食材を使用した料理も外せない。

「冬瓜と牛スジの塩昆布煮」(1,200円)

夏に美味しい冬瓜は15分ほど下ゆでしてから、10分昆布出汁とともに冬瓜のみで炊く。その後4時間下ゆでした牛スジと合わせて再度炊くことで優しい味わいに仕上がるのだ。

この店には素朴で滋味深い料理と、それを実現させる素材がある。生産者や酒蔵には、スタッフと共に定期的に会い行き、意見を交わすのだという。

日本酒は10酒を用意。酒器の種類も豊富で、好みの器を選ぶこともできる

予約困難!でも諦めるのはまだ早い

さて、気になる予約のコツは?

予約ルールとしては一ヶ月前から受け付けという『高太郎』。(例:9月10日の予約は8月10日から受付)

ただし、一回転目の予約のみの受付なので、二回転目(21時30分以降)は、事前に待っている人優先ではあるが、運が良ければ入れる可能性もあるという!

店先から覗くカウンターの賑わいが名酒場の風格を感じさせる

なかなか予約が取れないと諦めず、二回転目を狙って訪れてみてはいかがだろう。

一度足を運ぶと、また絶対に次の予約がしたくなる、渋谷イチ、いや都内イチの名酒場だ。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【大人が楽しめる渋谷案内】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo