女ともだち Vol.2

女ともだち:独身女の敵!結婚が決まった途端、上から目線で語り出す女

女はいつしか、3つのカテゴリーに分類されてゆく。

「独身」か「妻」か、はたまた「ママ」か。

結婚・出産でライフスタイルが急変する女の人生。恋愛から結婚、そして子育て。それぞれのカテゴリーで、興味の対象も話題もがらりと変わってしまう。

違うカテゴリーとなった女ともだちとは、もはや疎遠になっていくしかないのだろうか?

大学時代からの仲良し3人組、沙耶とあゆみ、そして理香。しかし、理香がいち早くママとなったことで関係に異変が

久しぶりに集まった3人。そこであゆみが「報告がある」と言い出した。


あゆみの「報告」


「報告があるの」

沙耶と理香の間に流れた、歪な空気。そこに割り込むようにして、あゆみが弾む声を出した。

その含んだ言い方になんとも言えぬ予感がして、沙耶の心はざわつく。

「え、なに何?!」

動揺を悟られまいと意識して明るく発した声は、沙耶の耳に別人のような声となって届く。

あゆみは、そんな沙耶にちらりと目をやり、理香に向き直る。そして、予想通りの言葉を続けるのだった。

「結婚が決まったの」

わ、よかったね!とはしゃぐ理香の声に、昔と変わらぬ、あゆみの鈴が転がるような笑い声が重なって聞こえてくる。

大学を卒業して8年、渋谷のIT企業で働くあゆみは三人の中でも特に結婚願望が強かった。ハードワークに疲れたらしく“30歳までに結婚して仕事を辞める”というのが、ここ数年の彼女の口癖。

だからジャスト30歳の誕生日に念願叶ってプロポーズまでこぎつけたあゆみを祝福してあげたい気持ちは、もちろん沙耶にだってある。

−おめでとう、良かったね!

そう言うつもりだった。学生時代からの友人の結婚を祝えないほど腐っていない。

しかしあゆみが沙耶の方を見ようとせず、理香に向かって言ったセリフが心を突き刺し、言葉を失わせたのだ。

「私も、やっと“そっち側”に行けたわ!」

【女ともだち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo