とろ~り卵がたまらない!見たら絶対に食べたくなる絶品親子丼都内9選

口に入れた瞬間、とろふわの卵とぷりっぷりジューシーな鶏肉、そしてご飯に絡む絶妙に絡む甘辛のタレがたまらない…。思い浮かぶとどうしても食べたくなるのが、親子丼だ。

ランチでガッツリ食べるも良し、〆の1杯も良し。アナタの至高の一杯はどれ?

ランチタイムのみ¥950、大盛りは¥100増し。ディナーではこだわりの炭焼き料理を提供する

まるで飲み物?!“日本一”を銘打つ親子丼『すみやき料理 はやし』

「すみやき料理 はやし」の親子丼は、“日本一”を銘打つ同店看板メニューの、国産鶏のもも肉と卵を使った親子丼だ。

ランチはこの一品のみだが、人気のあまり13時すぎには売り切れてしまうこともしばしば。

古民家の資材を移築した落ち着きのある店内で、ほっこりしたひと時を“飲まずに”じっくり味わいたい。

なめらかな卵の中に軍鶏のしっかりした歯ごたえが映える、親子丼¥1,500

軍鶏ならではのたくましい弾力とトロトロ卵のコントラスト! 親子丼発祥の老舗『玉ひで』

宝暦10(1760)年、今から250年以上も前に創業した軍鶏料理専門店『玉ひで』発祥の親子丼。

明治24(1891)年ごろ、鍋のシメに卵でとじた軍鶏肉をごはんのおかずにして提供したものが、その原型とされる。

朝びきの新鮮な東京軍鶏を使用し、固めの白米にトロトロの卵が合うのなんのって……軍鶏ならではのたくましい弾力と卵のコクにも注目。

剛柔併せ持つ食感、甘みを控えた仕上がり、すべてにおいてひとときも口を飽きさせない。

ぷるっぷるの極上卵をツンツンしながらいただく!『赤坂 鳥幸』

せわしない午前中のビジネスタイムをくぐり抜け、ランチタイムでとろける夢を見たいなら、『赤坂 鳥幸』の極上親子丼を激しく推したい。

丼ぶりの中央に鎮座するのは、ぷるるんとした弾力とオレンジ色の艶を讃えた極上の卵の黄身。思わず、ツンツンとつついて壊したくなるそのビジュアルは、高飛車な女子を手なづけて振り回してみたい願望と同じ類(たぐい)のSっ気を、発動させる。

見るだけで、卵と白米が絡み合うとろとろした食感が想像できてしまう、罪作りな親子丼なのだ。

ツンツンつついて八ヶ岳玉子が裾野を広げた時の快感ときたら!

極上親子丼の美味しい食べ方をレクチャーしよう。

まず、普通の親子丼を食べる時と同じように、卵の絨毯と白米を同時にいただく。ここで、三つ葉が爽やかなアクセントになっていることに気づくだろう。

次に、丼ぶりの中央で魅惑の笑みをたたえる八ヶ岳卵をつついて崩壊させ、これでもかと、ほぼ生に近い卵のとろみと甘みを享受してほしい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo