大人が楽しめる渋谷案内 Vol.16

渋谷グルメなら2丁目が本丸だ!表参道方面から本気で攻めたい旨い店怒涛の10選!

こちらは、店のスペシャリテである「三種の神器パイ包み焼き」。本格的フレンチでありながら、ボリュームがあるというのも人気の秘訣。

本気デートならクラシカルなフレンチで!『キュイジーヌ フランセーズ モノリス』

渋谷

青山学院大学近く、青山通りから少し入った路地裏にある『cuisine française MONOLITH(キュイジーヌ フランセーズ モノリス)』。

本格的なフレンチがいただける本気デートにぴったりなレストラン。

『キュイジーヌ フランセーズ モノリス』内観

伝統と確かな技術に裏付けられたフレンチコースを堪能してほしい。

肉の赤身が濃い「羆のロースと心臓のロースト」。季節などによりメニューは異なる。写真は一例

室田シェフが手掛けるジビエに舌鼓『ラチュレ』

渋谷

渋谷の『deco』が話題の渋2に移転し、狩猟免許を持つ室田拓人シェフのジビエ料理を堪能できる『ラチュレ』が誕生。

「ジビエは個体差があるし、撃った直後の処理が大切」とシェフ。

田んぼの近くで仕留めた鴨は米を食べているために、肉質は甘く、まろやか。山で仕留めれば木の実を食べており、ナッツのような香りも。

どの鳥獣を射止めるか、という判断から調理は始まっているという。

オープンキッチンの店内。カウンターもあり

ジビエは10,000円のコースより。

「秋は熊、鹿、猪、雷鳥がおすすめ。もっとジビエの美味しさを知ってもらいたい」。

ここ数年、市民権を得てきたジビエだけに、注目が集まる一軒だ。

「ウィスキー」、「葉巻」

絶品カクテルに出会える大人の隠れ家バー 『Bar MIZ』

渋谷

丸の内ホテルTokyoのメインバーや新宿、神戸などで15年間バーテンダーを勤めた経験をもつ水田氏が営むオーセンティックバー。

『ベネンシアドール』というシェリー酒のソムリエ資格をもち、テキーラやラム酒にも精通。

同店では、国内外を問わずさまざまなカクテルコンペンション出場経験と豊かな感性を活かした水田氏オリジナルのカクテルが人気だ。

カウンター席の他、テーブル席とソファー席も備える。貸切りも可能(要予約)

契約農家のミントで作るこだわりの「モヒート」や、「季節のフルーツカクテル」も絶品。ウィスキーも常時100種を超える品揃え。

料理もシェリー酒でじっくり煮込んだ「牛スジ シチュー」や「ポテトサラダ」など、お酒に合う品を提供。

気さくな水田氏の人柄がつくり出す温かな雰囲気から、バー初心者も入りやすいとお一人様の女性も多い。バーデビューにもうってつけの場所だろう。

【大人が楽しめる渋谷案内】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo