どの街で、鮨食べる? Vol.6

四谷

玄人好みの名店揃い

ニホンバシ スシキン

日本橋 寿司金

伝統を守る熟練の技に思わず唸る

戦前の名店『日本橋 寿司金』から暖簾分けされ、創業したのが昭和46年。当時より築地最高峰の鮪専門仲卸から鮪を仕入れ続けている。とはいえ、それを活かすのは職人の腕。赤身、中トロ、スナズリなど、それぞれの特徴に合わせて仕事を施す。口の中で渾然一体となる至高の鮪を堪能したい。

スシ テル

鮨 てる

実直な仕事で食べ手を魅了する、愛すべき若き鮨職人

荒木町の一角。一見すると、上質な鮨屋だが、明らかに、普通とは違う"何か"。この店を切り盛りするのは、知る人ぞ知る西荻窪の鮨屋『たなか』で修業を積んだ宮崎智弘氏だ。その身で習い覚えたことを愚直なまでに踏襲する握りは、その人柄が表れ、ゲストの心をほっと和ませてくれるのだ。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【どの街で、鮨食べる?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ