ホムパのお作法 Vol.7

近年のタワマン男のホムパは要注意?「褒められ手土産」を今一度考えてみた

呼ぶ方にも、呼ばれる方にもお作法があるホームパーティー。

人格やマナーが試される場でもあるが、その正解を知らぬ者も多い。

都内の様々な会に参加し、その累計回数は約100回にものぼる29歳の沙耶加が、多角的な視点でホームパーティーを評論してゆく。

これまでに、会話の盛り上げかたのお作法新婚宅でのお作法などを考えた。

さて、今回は?


「なんか...私、毎回手土産で悩んでいる気がするわ。」

灼熱の太陽が降り注ぐ街中から逃げるように駆け込んだ広尾の『ベーカリー&カフェ 沢村広尾プラザ店』で、さとみと二人で頭を抱えていた。

冷えた水出しアイスコーヒーが、体の熱をすっと冷ましていく。

「ホストの田中さん。良い物をたくさん知ってそうだし、奥様はお酒も飲まないし...中々手強いね。」


また、今回も手土産問題が発生している。


雑誌を開けば“デキる秘書が教える手土産特集”や“モテる女の手土産必勝法”などの文字が躍っている。

しかし逆に色々ありすぎて、結局何を持っていけばいいのか分からない。

「理想を言うと、おしゃれで可愛くて、且つトレンドのツボも押さえている物がいいわよね。」

それが分かれば苦労はしない、と喉元まで出かかった言葉をぐっと飲み込む。

前回はさとみとバラバラに考えたが、今回は二人で力を合わせて一緒に考えようということになったのだ。

—たかが手土産、されど手土産...

呪文のように呟きながら、目が肥えている主催者が喜んでくれそうな手土産をリストアップしてみるがやはり、たくさんある。

「田中さんって、何が好きだっけ?」

少しミーハーな田中は、見栄えが良くて且つ美味しい物が好きだ。自称グルメのため、下手なものは持っていけない。

しかも今回は、“料理系とお酒以外で”というリクエスト付きだった。

そうして色々と考えた結果、珠玉の一品を持っていくことにした。

【ホムパのお作法】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo