出世の花道 Vol.2

出世の花道:あぁ、無情。正論は会社で通じないという不条理

出世したい―。

サラリーマンである以上、組織の上層部を狙うのは当然のこと。

だが、仕事で結果をだすことと、出世することは、イコールではない。

そんな理不尽がまかり通るのが、この世の中だ。

出世競争に翻弄される、大手出版社同期の2人。

果たして、サラリーマンとして恵まれているのは、どちらだろうか。


人事異動で下された辞令に納得できない思いを抱える秋吉直樹(34歳)。前任であり同期の武田壮介から引き継ぎ、女性作家を担当することになった。


新しい部署に移って約1週間。直樹の身のまわりはようやく落ちつていてきた。

関係各所への挨拶は終わり、引き継ぎも完了した。

名刺に書いてある「文芸編集部」という文字にはまだ違和感があるものの、それもすぐに慣れてしまうのだろう。

そして今日は、武田壮介から引き継いだ作家・西内ほのかとの、初めての打ち合わせだ。

今日だけは、武田も同行することになっている。

一人で大丈夫だと言ったが、武田が「いや、きちんと紹介させろ」と譲らなかったためだ。

武田は昔から、そのような義理人情を大切にする。

ドライな直樹とは、何もかもが間逆なのだ。

【出世の花道】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo