丸の内の夜 Vol.1

『うかい』の新店が丸の内に登場!エグゼクティブが集う上質な空間で、究極の鶏料理を!

あの高級レストランのイメージが色濃い『うかい』がロティサリーチキンのレストランを丸の内にオープン。昨今レストランが増えつつあるこの街に新顔として登場した。

オープン間もないが、もうすでに丸の内のエグゼクティブが集っているという店内は、『うかい』らしく上質感はあるものの、程良くカジュアルで日常使いにも最適。

ココで供されるパリッジュワ~なロティサリーチキンは骨付きモモ肉をひとりで食べるのもOK。

焼き上げに45分掛かるのだが、その待ち時間を上質な空間で優雅にゆったりと過ごしてみてはいかがだろうか。

『Le Poulet Brasserie Ukai』
『うかい』の次なる一手はエレガントなロティサリーチキン!

フランスから買い付けてきた鶏のオブジェが飾られたシンプルな店内。キッチンを望めるカウンター席もおすすめ


店名の「Le Poulet」が、フランス語で「鶏」を意味する通り、こちらは鶏に特化したブラッスリー。ブルーのタイルが印象的なオープンキッチンには、フランスから輸入したロティサリーマシーンが置かれ、丸鶏がゆっくりと回転している。

300℃ある直火とうまく距離を調整しながら、じっくり火を入れることおよそ45分。焼き上がったスペイン産の若鶏は、実に力強くジューシーだ。

そしてこの時季にオススメなのが「ビール×チキン」という鉄板の組み合わせ。フルーティなベルギービールと滋味深い丸鶏を合わせる。こんな贅沢な味わいを楽しめる場所は他にないだろう。

「ロティサリーチキン スペイン産若鶏」フルサイズ¥8,000、ハーフサイズ¥4,000、骨つきモモ肉¥2,000。フルとハーフは、季節によって替わる2種のソースを提供


「キッチンの臨場感をそのままお届けしたいですね。シンプルな内装ですが、テーブルに料理が置かれることで空間が完成します」と語る細渕賢一シェフ。

確かに、丸鶏が余分な脂をポタポタと落とす様は、臨場感たっぷりで見ているだけで食欲をソソる、そして待ちに待った大ぶりの丸鶏がテーブルに置かれたら、無条件で幸せになれるはずだ。

さらに、夏はグリーンに囲まれたテラス席を選べば、そこで感じる風が、さらに特別感を加えてくれるだろう。

テラスから爽やかな風が吹き込む店内。「ヒューガルデン・ホワイト」Regular¥1,000。倍のMega pintは圧巻!フルーティーな飲み口がチキンによく合う

月刊誌「東京カレンダー8月号」発売中!テーマは「ビールで始まる東京の夜」!

恵比寿・丸の内・銀座・表参道・中目黒!この夏、あなたはどの街に繰り出す?

最新号「東京カレンダー8月号」では、読者に馴染みのある街で絶大な人気を誇るレストランを舞台に、本気な「ビールの愉しみ方」を伝授する!

・出会いの「恵比寿」
・大人が集う「丸の内」
・愛を深める「銀座」
・女子会の「表参道」
・語らいたい「中目黒」

冷えたビールと夏の東京。何か楽しいことが必ず起こるはずだ!

気になった方は今すぐこちらから!

さらに!今なら断然おトクで便利な定期購読プランがオススメです。なんと3号連続で半額!4号目以降も20%OFFでご提供!!しかも、雑誌とデジタル版の両方が楽しめます!!!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は6/21(水)!!



【東カレ読者アンケート実施中!】

東カレがフード監修する海の家の特別VIPチケットを手に入れよう!
3分程で終わる簡単なアンケートにお応えいただくと、今夏を楽しめる素敵な賞品がもらえるかも!!
是非、アンケートにご協力をお願いします。
アンケートはコチラから

東カレデート詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【丸の内の夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo