恵比寿の夜 Vol.5

恵比寿で騒がしい店をチョイスされた時のガッカリ感たるや。これが恵比寿の大人が遊ぶ個室だ!

若者たちのどんちゃん騒ぎに会話がかき消されてしまう。とは、恵比寿の食事会あるあるかも。当然大人は個室をチョイス。そこに見たことのない仕掛けがあれば、ツカミはOK!

同じ感動が、体験が、みんなの距離をグッと近づける。そう、成功は間違いないのだ。

『牡蠣とシャンパン 牡蠣ベロ』
恵比寿横丁の横に隠れ個室が!生牡蠣と生ビールでテンションMAX!

天井を抜き高さのある2階の個室。賑やかな恵比寿横丁とは一転、ゆっくりまったり語らうことができる

生牡蠣×生ビールが夏の出会いを盛り上げる

サクっと新鮮な牡蠣とお酒を楽しめる『牡蠣ベロ』は、ヨーロッパのバルのような立ち呑みの店。そんなイメージを持つ人が多いだろうけど、実は密かに2階にソファ席の個室がある。そこはリビングルームのように寛げる空間で牡蠣を堪能できる場所。

夏にはミネラル豊富な天然の岩牡蠣が入ってきて、食べれば仕事終わりでもパワーが湧く。カジュアルな雰囲気で出会いたい人や、2次会に最適で、深夜3時まで利用できるので深い会にもちょうどいい。

産地直送の国産牡蠣(1P¥480~)が常時5種類以上は揃い、ほか約10種の牡蠣料理も合コンなら多数楽しめる。写真手前は雲丹焼き牡蠣(1P¥580)

店で提供するキリン一番搾り¥490は麦の香ばしさとともに爽快感もあり、夏の夜の身体をほどよくクールダウンしてくれる。牡蠣との相性は言わずもがなで、海の家気分のラフなペアリングが魅力的だ。

店は恵比寿横丁の横にあり、恵比寿駅から徒歩約1分の好立地!

【恵比寿の夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo