7月1日オープン!なんとたった1種類の料理とワインで攻める、究極の美食体験空間が誕生!

7/1(土)、比類のないユニークな美食体験を提案する新店が渋谷に誕生した。

『OUT』と名付けられたその店は、たった1種類の料理、ワイン、音楽(BGM)で完結した、あまりに潔い斬新なスタイルを持つ。

渋谷らしい尖った雰囲気と、大人のための落ち着いたムードが同居する、全く新しいコンセプチュアル・レストランの全貌を早速紹介しよう!

こだわり抜いた“3つの要素”が渾然一体に

『OUT』 のコンセプトは、「One dish. One wine. One artist. (ひとつの料理、ひとつのワイン、ひとつの⾳楽)」という極めてシンプルなもの。

この3つの要素それぞれを完璧にキュレーションし、渾然一体として表現したものが『OUT』の世界なのだ。

料理は、シーズンベストの産地から取り寄せた新鮮なトリュフをあしらったフレッシュパスタ1種類のみ。

パスタはイタリア産のオーガニック⼩⻨粉、⼭梨県の農家直送の卵、北海道産のバター、オーストラリア産のオリーブオイルを使用した自家製麺だ。

合わせるワインはトリュフパスタの⾹りを引き立てるリッチで⼒強い⾚ワインを1銘柄のみ厳選。

そして、アナログ盤で鳴らされるレッド・ツェッペリンが、こだわりのパスタとワインの融合より刺激的に演出してくれる。

五感に訴えかける究極の美食体験

また、店内インテリアは、ロックをこよなく愛する建築家兼デザイナーの⼩坂 ⻯⽒が「ほかの誰にもこのレストランのデザインをまかせたくない」と担当。

こうして、先の3つの要素にさらに洗練された空間も結びつき、まさしく五感を刺激する美食体験へと誘ってくれる『OUT』。

私たちもしっかり感覚を研ぎ澄ませて堪能すべき、要注目のレストランと言えるだろう。

オーダーは入口の券売機で完結

『OUT』のコンセプトをある意味、象徴的にビジュアライズしているのが、この食券機の存在。

いわゆる⼿元で開いて見る″メニュー“はなし。⼊⼝にある⾷券機で⾷べたい料理、ワインを選んでチケットを購⼊。あとはカウンターに座るだけ。

単なる合理主義とは異なるこうしたミニマリズムが、むしろ新鮮だ。

料理とワインの一覧&プライスはこちら!

※価格はすべて税込です

・トリュフをつかったフレッシュパスタと⾚ワインのセット(パスタ150g + トリュフ5g + ⾚ワイン・グラス) 4,000円
・トリュフをつかったフレッシュパスタ(バスタ150g + トリュフ5g) 2,900円
・フレッシュパスタの追加(パスタ150g) 600円
・トリュフの追加(3g) 1,500円
・⾚ワイン・ボトル(その時のパスタにベストマッチの⾚ワイン1銘柄をセレクト ) 6,100円
・⾚ワイン・グラス(その時のパスタにベストマッチの⾚ワイン1銘柄をセレクト) 1,300円
・ハウスシャンパン(Pol Roger Brut Réserve|ポル・ロジェ・ブリュット・レゼルブ)ボトル 9,500円
・ハウスシャンパン(Pol Roger Brut Réserve|ポル・ロジェ・ブリュット・レゼルブ)グラス 1,400円

左からトム・クレイゴ氏、セーラ・クレイゴ氏、デビッド・マッキントッシュ氏

『OUT』を生んだのは3人のオーストラリア人

メルボルンで多数のレストランを経営するデビッド・マッキントッシュ、ゲーム開発会社タンタラスのCEO兼起業家・作家であるトム・クレイゴ、そしてトムの妹でフードコンサルタントのセーラ・クレイゴ。

『OUT』は、世界を飛び回るこの3人のオーストラリア人によって生まれた。実際に『OUT』を切り盛りするセーラは、その独自のコンセプトについてこう語る。

「外⾷に対して⽬が肥えた東京の⼈々は、本物のものづくり魂でつくられる完璧な⾷事体験を求めています。そこで、私たちは、“One dish. One wine. One artist.”という3つの要素に表わされた理想のコンセプトを極限まで磨き上げ、調和させ、完璧にキュレーションしたレストラン体験を東京で提供したいと考えたのです。」

店名『OUT』に込められた意味

店名の『OUT』は、イギリスのロックバンド、レッド・ツェッペリンの8枚目のスタジオアルバムのタイトル「In Through The Out Door」(1979年リリース)から。

「The Out Door」すなわち「出⼝の扉=終わりへの扉」からあえて中に⼊る。転じて、「終わった状態から今へ戻る」「(⼊⼝からではなく出⼝から⼊るという)今までとは違うことをする」。

そんな、当時絶頂期を過ぎつつあったツェッペリンが起死回生で込めた思いが、店名に託されている。

『OUT』のコンセプトが誕生した瞬間

先のデビッドとトムが、メルボルンの外れのコテージで毎年催すプライベートパーティー。

ごく親しい友⼈たちを招き、デビッドが料理を作り、トムが料理に合わせてワインを選ぶ。そして決まっていつも60年代、70年代レコードをかけて楽しむのが定番なのだという。

ある時デビッドは、お⼿製のパスタにバターと塩こしょう、溶き卵を混ぜ、地元産の新鮮なトリュフをたっぷりとトッピングしたシンプルな⼀⽫を作った。

この⼀品にトムは、⼒強いバローロを選ぶと同時に、今までかけていたレコードを⽌めて、レッド・ツェッペリンの2ndアルバム「LED ZEPPELIN II」をかけたのだという。

この名盤と共に、芳醇なトリュフパスタとパワフルな赤ワインをゆっくりと堪能した二人。その時感じた何とも言えない高揚感がそのまま『OUT』へと昇華されたのだ。

まるで即興演奏のように生み出されたこのコンセプト。

デビッドとトムが味わった不思議な高揚感を追体験したいなら、ぜひ『OUT』へ足を運んでみよう。

■店舗概要

店名:OUT(アウト)
住所:渋⾕区渋⾕2-7-14 Vort ⻘⼭ 103
営業時間:18:00~26:00
定休日:月曜
席数:13席
ウェブサイト:http://www.out.restaurant/
Instagram:https://www.instagram.com/outrestaurant/
問い合わせ先:info@out.restaurant



【東カレ読者アンケート実施中!】

東カレがフード監修する海の家の特別VIPチケットを手に入れよう!
3分程で終わる簡単なアンケートにお応えいただくと、今夏を楽しめる素敵な賞品がもらえるかも!!
是非、アンケートにご協力をお願いします。
アンケートはコチラから

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo