仕事帰りにサクッと飲むならエキナカ!駅直結で楽しめる絶品グルメ9選

「今夜は帰りにサクッと食べて飲んで帰りたい!でも駅から歩きたくない……」そんな時には駅直結で楽しめるお店に立ち寄って仕事の疲れを吹き飛ばそう!

いまやエキナカでも美味しくて満足できるグルメが充実! 今日の帰りにすぐにでも寄りたくなるエキナカグルメ!

国内外から厳選した、個性豊かなクラフトビールは「ハーフ」(650円)、「パイント」(950円)で提供

アメリカンをテーマにクラフトビールも味わえるダイナー『TAMEALS(タミルズ) 品川店』

品川駅

地方出張を終えて新幹線で品川駅に到着しても、自宅に着くまではもうひと踏ん張りという人も多いはず。そんな時は迷わず『TAMEALS 品川店』へGO!

好みのハンバーガーメニューで小腹を満たし、クラフトビールをグイッと一口飲めば、出張の疲れもあっという間に吹き飛ぶはずだ!

会社からの帰宅途中で品川駅を経由する人も、東京へ出張にやって来た人も、仕事終わりにほっと一息つく憩いの場としてぜひ活用してみて。

「プルドポークバーガー プレーン」(フライドポテト、ピクルス、ドリンク付き900円)

アメリカ南部の定番料理である「プルドポーク」。豚肩肉をじっくりオーブンで焼き上げ、トロトロほろほろになったお肉をフォークでほぐして、バーベキューソースで味付けしたもの。

スペイン産のデュロック豚を使用することで、ジューシーながら脂ギレが良く、見た目のイメージとは異なり、はるかに軽くいただけてしまう。

そのジューシーなプルドポークを挟むのが、自家製の全粒粉バンズ。ヘルシー志向の方も納得のクオリティだ。パクチー、ハラペーニョを混ぜ込んだコールスローは、テキサス風!

食材にこだわり、無添加で、ビールとの相性が抜群なのも嬉しいポイント。

ほかにも「ソーセージグリル」や「燻製牡蠣とポテトサラダ」など、定番だがクオリティの高いおつまみメニューも充実している。品川駅を通るならまず足を運んでほしいダイナーだ。

「シウマイ全種盛り合わせ」(6個/800円)などリーズナブルな品揃え。ご存じの通り「生ビール」(ジョッキ550円、グラス450円)との相性も抜群!

あの崎陽軒のシウマイを蒸したてで!『横濱 崎陽軒』

東京駅

崎陽軒といえば、昭和3年に発売を開始した「昔ながらのシウマイ」や、旅や出張のお供に最適の「シウマイ弁当」が有名だ。

そんな崎陽軒が東京駅出店に際し、打ち出したのが気軽に崎陽軒の味を楽しめるバルスタイル。

そんな『シウマイBAR(バル)』を訪れたなら、頼んでおきたい品がある。それが「シウマイ全種盛り合わせ(6種)」だ。

「シウマイ全種盛り合わせ」の内容は、「昔ながらのシウマイ」、「かにシウマイ」、「黒豚シウマイ」、「特製シウマイ」、「えびシウマイ」、「季節のシウマイ」の全6種。

崎陽軒のシウマイが食べられるレストランは横浜市などに数店舗あるが、このような食べ比べスタイルが楽しめるのは『シウマイBAR』だけである!

「昔ながらのシウマイ」をはじめ崎陽軒定番アイテムの購入も可能だ。

また弁当でしか味わえなかった名脇役「シウマイ弁当の筍煮」や合わせて人気の高い鮪の照り焼きをアレンジした「シウマイ弁当のマグロのネギ和え」などがサイドで味わえるのも同店の特徴。

おつまみは「ポテトサラダ」(250円)、「クラゲ」(300円)、「ザーサイ」(200円)、「山クラゲ」(250円)など、酒飲み心をくすぐるラインナップだ。

生ビールやハイボール、ワインなど好みの組み合わせでオーダーしよう。

うに、ホタテ、あわびなどネタを眺めながら選べるのも嬉しい。

東京駅の通りすがりで絶品握りを!『立喰い寿司函太郎 東京駅一番街店』

東京駅

出発前や帰り道に「ちょっと小腹が空いたな……でもあまり時間がない」ということはないだろうか?そんな時には、北海道からやってきた新店『函館立喰い寿司 函太郎』に行ってみて欲しい。

板前さんに好きなネタを伝えるとその場ですぐに握ってくれ、ものの数秒で目の前に寿司が登場する。

『函太郎』は、北海道・函館を中心に17店舗出店する人気回転寿司チェーン。北海道産の鮮魚も使いつつ、決してブランドに惑わされることなく、その時本当においしい旬のものを使用するといのも同店のこだわりだ。

店内のモニターには「本日のおすすめ」というパネルがあるので、そこもぜひチェックしてみよう。

甘みたっぷりの「うに」(650円+税)や「いくら」(330円+税)は必食!

「本日のおすすめ」や店内のメニューを眺めていると、どれも美味しそうで迷ってしまうはず。そんな時には「北海五貫盛り」(1,150円)を注文してみよう。

北海道産の鮮魚を中心に使用した贅沢な一皿で、いくらやマグロ赤身まで味わえる。

特に注目したいのは「自家製の〆さば」。季節によってしめる時間を調整しているというこだわりの品で、優しい酸味と身の柔らかさからリピーターも多いという。

1、2貫だけサクッと食べられるのが立喰い寿司というスタイルの良いところ。新幹線の待ち時間、出張前の腹ごしらえなど、シーンを問わず気軽に立ち寄れる『函館立喰い寿司 函太郎』で北海道の味を楽しんでみてはいかがだろうか?

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo