華麗なるお受験 Vol.6

慶應義塾幼稚舎コミュニティに所属する事で得られる、強固な絆とその真価

教育は平等、ではない。

親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。

東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。

今年子どもを慶應義塾幼稚舎に入学させた桜子さんの反響が大きかったため、今回はさらに踏み込んだ内容をお伝えするべく、慶應義塾幼稚舎、華麗なる小学校の内情に迫る。


#File06 娘を幼稚舎に通わせた理由はとてもシンプル。「慶應が好きだから」


名前:桜子さん
年齢:34歳
子ども:長女6歳
子どもの学校:慶應義塾幼稚舎


ウェスティンホテル東京の『ザ・テラス』

窓から差し込む光の角度が変わったのをきっかけに、桜子さんは取材班の目を盗むようにして、左腕にさりげなく巻かれたカルティエのタンクに目をやった。

「すみません、もうお迎えの時間でしょうか?」

取材班は慌てて謝る。

1時間と約束していた取材時間は、桜子さんの話があまりに刺激的であっという間に過ぎてしまっていた。

「いえ、あと30分くらいなら大丈夫です。お迎えとかはないので…幼稚舎は原則、送迎禁止なんです。私たちは入学式もバスで行きました」

これまた意外だった。

日本の政財界を支える企業の御曹司やご令嬢が集う幼稚舎であるから、登下校時刻には正門前に高級車がずらりと並ぶものだと思っていた。

取材班がそう伝えると、桜子さんは軽く頷き、思い出したように少し笑ってこう付け加えた。

「まあ原則、なので…実際は送り迎えされている方もいらっしゃいますよ。そういえば入学式の日、運転手付きのマイバッハから降りてくる一族を目撃したわ」

運転手付きのマイバッハ!…さすがは慶應義塾幼稚舎である。

取材班はここで、まことしやかに囁かれる、あの噂について聞いてみることにした。

「幼稚舎では御家柄でクラスが別れるって、本当ですか?」

【華麗なるお受験】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo