ビール片手に贅沢バーガーにかぶりつけ!ランチデートにおすすめのホテルバーガー7選

今週末のデートは、ランチタイムからハンバーガーとビールの組み合わせを求めてホテルに向かうのはどうだろう?

近年流行りのラグジュアリー・ハンバーガーのなかでもホテルメイドのバーガーはパテもバンズもハイレベル揃い。リラックスムードで上質な肉を堪能できるから、そこで頼むはビールに限る!

右からアップルベーコンスモークバーガー(¥2,600)、ブルーチーズバーガー(¥2,500)、スイスバーガー(¥2,500)。レギュラー5種に加え、月替わりのシェフのおまかせが1種入る

肉汁がしみたバンズはパンの枠を超えた逸品
『ザ・ステーキハウス』

ANAインターコンチネンタルホテル東京

『ANAインターコンチネンタルホテル東京』の『ザ・ステーキハウス』は、昨年12月のリニューアルを機に、6種の和牛ハンバーガーをオンメニュー。種類の多さもさることながら、各バーガーに共通するパテとバンズが、シェフの情熱を感じる仕上がりだ。

まずパテは和牛の各部位を配合し、赤みと脂のバランスは7:3。「この割合が最終的にジューシーさに繋がります」とは佐々木主紀シェフ。その肉を中粗で挽き、備長炭グリルでミディアムウェルに焼き上げる。

女性が持つのは「アボカドバーガー」(¥2,500)。男性側にあるのは、ザ・ステーキハウスバーガー(¥2,300)

館内ベーカリーに特注したソフトバンズも同じくグリルで焼き目をつけスモーキーさをプラス。できたてのバーガーを頬張ると、“はむっ”とスムーズに歯が入り、パテのジューシーさとエアリーなバンズの一体感が抜群だ。

そこに合わせるは、5種揃う日本のクラフトビール。バーガーもビールも種類豊富だから、リピートは必至である。

【概要】
「6種の和牛バーガー」
価格:¥2,300~(税サ別)
パテ:和牛150g
味のポイント:ケイジャンマヨネーズ

新生『ザ・ステーキハウス』にはカウンター席もある

備長炭グリルで焼かれるパテ

オープンキッチンでハンバーガーを仕上げる佐々木主紀シェフ

「志賀高原IPA」や「常陸野ネストビール」など日本のクラフトビールを5種常備(¥1,200~)

ホテルならではの贅沢な内装

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo