東京マザー Vol.6

東京マザー:未婚女が既婚者の愚痴を言うと「ただの嫉妬」と片づけられる、不条理な現実

子を産み、子を育て、家を守る。

昔からあるべき女性の姿とされてきた、“良妻賢母”。

しかしその価値観は、現代においてはもう古い。

結婚して子どもを産んでも、男性と同等に働く女性が増えた今こそ、良妻賢母の定義を見直す時だ。

家庭も、仕事も、子育ても、完璧を目指すことで苦しむ東京マザーたちが模索する、“現代の良妻賢母”とは、果たしてどんな姿だろうか。

レコード会社で働くゆり子は、育休から時短勤務で復職した佳乃に対して不満を募らせていた。不満の理由のひとつには、佳乃の夫・紀之との過去が関係しているのだった。


ゆり子が頻繁に紀之から誘われていたのは、約8年も前のことだ。

ゆり子が29歳、紀之が31歳の時で、佳乃が転職してくる前の出来事だった。

誠実だけど、つまらなそうな人。

それが当時のゆり子が思っていた、紀之の印象だった。

ゆり子は学生の頃から、野心を隠すことなく前面におしだしているような男が好きだった。

少し強引でも自分のペースで物事を進め、皆を引っ張っていくような気概あふれる相手だ。

紀之はそれと間逆のような男だった。強引なところは一切なく、皆の意見に耳を傾けバランスを取りながら最適解を探す。

そこが、ゆり子にとってはつまらなくて物足りなかった。

だが、それから8年たった今。ゆり子は当時の自分自身をひっぱたいてやりたい気分になることがある。

紀之のような男こそ、ゆり子にぴったりな男なのだ。

野心があり、強引に物事を進めるのはまさにゆり子自身だった。だからゆり子が理想としていたような男性とは似ているゆえ衝突が多く、うまくいくはずがない。

それに気づいた時、紀之はすでに佳乃と結婚してしまっていた。

【東京マザー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo