うにといくらの小丼付き!表参道のカウンターで6千円台寿司ディナーコース!

コースの料理は全て一品ずつお客のペースを見ながら提供されていく。

アクセスが便利な表参道エリアで、「今夜は美味しい寿司と、小粋な肴で飲みたい!」そんな願いを叶えてくれるのが『鮨 いっ誠』。

「カウンター寿司」という少し高めのハードルを、グッと飛び越えやすくしてくれる名店のディナーコースを紹介しよう。

青山通り沿いのビル1階とは思えないシックなエントランス。小窓からこぼれる店の明かりもまたそそられる。

駅至近&大通り沿いという好アクセスも◎

「カウンターでお寿司が食べたい!」そんな彼女のリクエストがあったなら、『鮨 いっ誠』の予約をおさえてはいかがだろう。

待ち合わせ場所は、表参道駅。駅から徒歩3分という好立地もデートを成功へと導いてくれるひとつのポイント。細い路地に入ることなく、青山通り沿いというのも、上手に女性をエスコートしたい男性には嬉しいだろう。

到着すると、店の扉まで石畳が続き、足下には行燈がしっとり灯る。まるで料亭さながらの雰囲気に、期待もテンションも急上昇。その期待は扉を開けるとさらにアップする。

普段は1品ずつお客のペースに合わせて提供。

コース序盤からお酒が進んでとまらない

そんな利用シーンの幅の広さも魅力の『鮨 いっ誠』。コースは全部で3種用意。今回は人気の6000円おすすめコースを紹介しよう。

まずは刺身5点盛り。この日は、しめ鯖、漬け鯖、マコガレイ、アカムツ、牡丹エビの5点。鯖はしめ鯖、漬け鯖と2つの味で楽しめるのも同店の特徴。この2種の味わいを楽しみに訪れる常連も多いという。

刺身の次は、「煮タコとシャコ炊き」。柔らかく煮たタコと、岡山県産シャコは旨みがギュッと詰まっており、ついついお酒が進んでしまう。

お酒は1本3000円で持ちこみも可能。好きなお酒と絶品鮨のマリアージュも楽しめる。

わさびを入れる器は、常連の工芸作家の手作り。蓋に店名が刻まれ、わさびの命である香りを守ってくれ、最後まで美味しいわさびが食を進めてくれるだろう。

「さわらの西京焼き」

続いては焼きもの「さわらの西京焼き」。寿司屋で焼き魚というと塩焼きが多いが、和食から料理人をスタートした大将は、焼きものや揚げ物にもひと工夫。

西京焼きだけでなく、照り焼き、みそ焼きなど魚に合わせた調理を施してくれる。

「桜エビの揚げ物」

焼きものの次は寿司のコースでは珍しい揚げ物。

「生魚を食べていると揚げ物も少し欲しくなりますよね」という心意気から一手間加えた揚げ物を提供しているのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo