「焼き鳥を串から外さないで!」で話題になった鳥料理屋は、間違いなく名店だった!

「焼き鳥を串から外すか否か…」鶏料理に並々ならぬ愛情がある店主が、お客様に配慮しつつも想いを伝えたところ、賛否両論を巻き起こした一件を覚えているだろうか。

それが田町にある鶏の名店『鳥一代』だ。こだわりの焼き鳥や大人気の「参鶏湯」まで絶品尽くし!味わってみれば、持論も大納得の美味だった!

「お任せ5本盛り」(850円)。部位の個性に合わせ、一番美味しい産地の鶏を使用している。とにかく丁寧な下処理をひと口目から存分に味わうことができるだろう。

こだわりの焼き鳥は、文句なしに旨かった!

『鳥一代』を語る上で、まず「焼き鳥」の件は外せない。実は、2016年12月頃にSNSの投稿をきっかけに話題になった「焼き鳥を串から外さないで」と訴えたのがオーナー・山﨑さんなのだ。

しかし実際に足を運んで味わってみると、至極納得させられる。一口まず口にすると、表面はパリッとした食感に焼きあがり、中から肉汁があふれ出す。他店ではクセを感じることがあるぼんじりも、全く臭みがなく、丁寧な下処理が分かる。

山崎さんが焼き鳥で大切にしているのは、串の最初のひと口目の美味しさだという。そのために1本1本丁寧に串打ちを施し、1本を食べきることで完成するドラマがあるのだ。それを、バラバラにして食べてしまっては、ストーリーを追うことは出来ない。

話題になった山﨑さんが訴えた「焼き鳥は串から外さないで」とコメントしたホワイトボード。毎日違った内容のコメントが書かれているのも楽しい。

話題になる以前も今も、変わらずその味を愛し、この店の焼き鳥を楽しみに訪れるファンは多い。

「もちろんお客様の自由です。でもおいしく食べるにはやはり串のままというのは知っておいてほしくて。状況によって外した方がいい事情もあるのでしょうが、できれば一番美味しく1人1本ずつ焼き鳥を楽しんで欲しいです」と山﨑さん。

食べ方はそれぞれ自由だが、作り手の想いが分かれば、今まで気がつかなかった美味しさに出会えるはずだ。

「参鶏湯(白)」(1人前1980円)。9割以上の人が注文する名物はこれからの時期こそ食べたいスタミナ料理。

参鶏湯デビューするなら『鳥一代』へ!

またこの店はすべての鶏料理が絶品!なかでも「参鶏湯」は焼き鳥に泣けず劣らぬ人気メニューだ。

店がオープンしたのは2006年のこと。まだ韓国料理が浸透していなかった時代に、いち早く日本人にも受け入れられやすい「参鶏湯」を提供したのが同店である。

本来「参鶏湯」は、鶏肉の中に高麗人参などを入れ煮た煮汁を食べる料理であるが、『鳥一代』では、鶏を煮込むスープも別で作っているのが特徴だ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo