オープンは深夜0時、ラストオーダー翌6時!新宿で噂の深夜食堂に潜入

新宿に深夜0時から開店する、面白い店があるらしい…。そんな情報を聞きつけた東カレ取材班は、すぐ、噂の現場へと向かった!

深夜0時開店、翌6時がラストオーダー!深夜食堂は実在していた!

新宿で深夜食堂といえばコミックの中の夢物語……では、なかった!何と歌舞伎町のど真ん中に本家と同様、日にちの変わる、24時にオープンという店があるのだ。その店の名は『あかはる』。

新宿区役所本庁舎の隣。このビルの地下に『あかはる』はある。

本当にココであってるの?そんな不安な気持ちを抱えながら、恐る恐る階段下りて行く。と……、営業中を示す明かりが!

扉を開くと、軽快なロックの音階が耳に飛び込んできた。店内を見回すと、たくさんの海外ロックバンドのレコードのパッケージや、ちょうちんが壁に飾られ楽しげな雰囲気。店主はどうやら、ロック好きらしい。

卓上に置かれたメニューにはピザやパスタなど、イタリアンの定番メニュー名が並ぶ。そうここは、深夜営業のイタリアンなのだ。

黒板にある日替わりを見ても、前菜のほかにメインまでちゃんとあって多彩。常時30種は用意しているという。しかも、どれも驚くほど安い!「そうですねぇ、やり過ぎちゃうかなぁと思いますわ」と店主の赤春洋人さんは笑う。

そんな他愛のない話をしている間も、赤春さんの手は休まず動かされている。ほどなくして、一品目の「地鶏の小悪魔風グリル」(¥1,800)が完成。待ってました!とばかりに間断なく料理を口に運ぶ。外側の皮はパリッと、身はジューシーで見事な焼きあがりだ。また、小悪魔風の名の通りディアブロ風な味付けで、唐辛子と胡椒がピリリと効き味付けも完璧!

2品目に頼んだのは「ボンゴレロッソ」(¥1,000)。ガーリックが効いたトマト味と、ゴロゴロと入ったアサリは程よい塩加減も感じられ、これまた美味!

「この店が誕生したのは6年ほど前です。大阪のイタリアンで長く働いた後、30歳になったのを機に上京しました。慣れ親しんだミナミの猥雑さによく似ていた歌舞伎町で『人のやっていないこと』をやりたい。そう思って深夜のイタリアンを始めたんです。また、僕と同じ飲食業界で働く人たちが、仕事の後に美味しいご飯が食べられる店を作りたかった」と赤春さん。

「やり出したら本気じゃないと自分で満足できなくなって」と語る赤春さんの料理は丁寧な仕事が施された本格イタリアンだ。

楽しい会話と、店主が大好きだと語るロックのBGMを肴に、お酒と美味しい料理を頂く。他では体験できない時間が、とても心地良い。その実際は深夜に足を運んでみればきっとわかる。

月刊誌「東京カレンダー6月号」は怒涛の「新宿特集」!

「新宿にはいいお店がない・・・」、そんな従来のイメージを覆す大人のレストランを徹底リサーチ!
雰囲気良し、味も良し!な新宿のお店が1冊に詰まった、東京カレンダー2017年6月号は絶賛発売中です!

気になった方は今すぐこちらから!

※断然お得な定期購読プラン開始!なんと3号連続で半額!!その後も20%OFFでご提供!!!
※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo