ビールが飲みたくてしょうがない日はここ!間違いなく旨い鉄板つまみがある店5選

タレの染みた肉を、ジンギスカン鍋で豪快に焼き上げる。

懐かしい仲間を招集したくなる絶品ホルモン焼きの店『ホルモン在市 芝大門』

全力で働いた一日も終わりに近づき、デスクでほっと一息つく頃、ふと昔よくつるんだ仲間の顔がふと浮かんできたりする。収穫ゼロのお食事会や、気の張る接待が続けば、気兼ねなくワイワイ飲んだビールが無性に恋しくなるのだ。

久しぶりの仲間に声をかけ、豪快に飲みたくなったなら、『ホルモン在市』を訪れよう。浜松町と大門、どちらの駅からも10分ほど歩いたところに、牛の絵が描かれた提灯が目を引くこの店は、鮮度抜群のホルモンを求めて、連日多くの客が押しかける。

ホルモンと聞いて、ビールとの相性を疑う者はいないだろう。定番の焼肉スタイルでいただくホルモンも申し分無いが、この店の絶品つまみは看板メニューの「ごちゃまぜ焼き」だ。

しっかりした味付けと、たっぷりの葱が相性抜群。

食べ応えのある赤身肉と、自慢のホルモンをまとめて秘伝のたれに漬け込み、一気に焼き上げる。じゅうじゅうと肉が焼ける楽しげな音で一杯、少し焦げ付いた味噌ダレの香ばしい匂いで一杯、ジョッキが空くのは止められない。

「ごちゃまぜ焼き」のホルモンは、好きな部位を選べるので、大勢で思い思いにチョイスするのが楽しいだろう。濃厚なタレで味付けされた、食べ応えのあるホルモンを、ホップの苦みが効いたマスターズドリームで流し込めば、待ってました!と喉が喜ぶのを感じる。

仕事帰りのスーツでも気兼ねなく入れる、小綺麗な店内。

この店のホルモンは、サクサクこりこりと歯切れの良い食感で、どれを注文しても鮮度へのこだわりが存分に感じられる。また、焼肉店といっても、店内はすきっと清潔に保たれていて、大人数で集まっても最後まで居心地よく過ごせる空間だ

久々に顔を合わせた懐かしい面々と、昔に戻ってくだらない話で笑い合えば、日々の鬱憤も泡のごとく弾け飛んでいくはずである。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo