港区内格差 Vol.2

港区内格差:港区内で格下とされる芝在住の女が、バーキンを持つ前にやるべきこと

ラ・トゥール以外認められないのが芝エリア!?


「初めまして、綾乃です。」
「はじめまして、美穂です。」

美奈子の友達だと言う二人は、名乗ると同時に凛子の頭の先から足下まで舐めまわすように見てくる。

昔の凛子がそうだったように、彼女たちは他人を持ち物でしか測ることができないようだ。

二人の視線が突き刺さり、こんな場所に来てしまったことを凛子は早々に後悔した。

「はじめまして、凛子です。」

二人とも、凛子と同じ30歳前後に見えるが、ふと昔の自分を思いだして、胸が締め付けられた。自分に自信が持てず、虚勢を張り、物に頼っていた日々を思い出したのだ。

「凛子さん!一度でいいからお会いしたかったんです〜!」

綾乃と名乗るその女性は、ヴァレンティノのスタッズ付きパンプスに、ストライプ柄のパンツ、手元にはカルティエの時計。

そして30cmのバーキンを持っていた。

一つ一つの小物は良い。しかしどこか統一感に欠ける。とっさにそう感じたのは見当違いなのだろうか。

軽く挨拶を済ませ、港区らしい、上辺だけの会話が繰り広げられる女子会開始のゴングが鳴った。

美奈子が女子会に指定してきた『ル スプートニク』は季節を感じられる料理が評判で、一皿一皿が芸術作品のように美しく、女性ならば嫌いな人はいない店だ。

まるで絵画のように美しい、ビーツで作られたバラの花が乗った一皿に心を奪われていると、美奈子が嬉々として皆に住んでいる場所を聞き始めた。


「そう言えば、みんな港区に住んでるから家が近いかも!凛子は今、有栖川公園の近くだよね?」

港区といえども広い。そしてこの住んでいるエリアで、見えない線引きが静かに行われる。

美奈子は六本木、美穂は麻布十番、そして綾乃は芝に住んでいると言う。

「芝ってことはラ・トゥール?」

美奈子が無邪気な顔で綾乃に尋ねた。

芝と言えばラ・トゥールだ。それ以外、港区内で芝は格下というのが、凛子と美奈子の...いや、港区の共通認識だ。だが、綾乃は平然と言った。

「まさか。芝の普通の一人暮らし用のマンションですよ。」

華やかで高級レジデンスも多い六本木、麻布、白金エリアは港区内でも格上であるのは、疑う余地もない。

しかしそのエリアと微妙に近くて遠いのが、芝というエリアだ。その微妙な距離感こそ、芝が港区内でのランクを落としている要因かしら、と凛子は思っている。

だから凛子は、綾乃の答えに一瞬戸惑ってしまった。

港区でたまに見受けられる、持ち物と住んでいる家のバランスが悪い女性。

綾乃はまさに、典型的なそれだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
凛子性格悪いねー!笑
価値観って人それぞれだよ?
バッグが好きで、家賃は抑えたい人だっているでしょ。バーキンだって、バーキンの社長?がたしか気軽に持ってほしいって言ってるくらいだから、満員電車で使っても良いんだよ。
外野が他人にどうこう言う必要なし。
2021/05/18 22:275
No Name
バーキンを買うのはコスパが悪いなあと感じたかな。何百万を払うわけだけど得るものが本当に少ないし。それより良い化粧品を使って肌を綺麗にするとか、マナーの勉強をするとかもっと実りのあるお金の使い方があるんじゃないかな。
2021/04/05 22:472

【港区内格差】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo