先週のアクセスランキング!1位は「盛り上がったはずが。よくある「突然の既読スルー」という地獄:LINEの答えあわせ【Q】」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“LINEの答えあわせ【Q】”に“塩対応な彼と2度目の銀座鮨デート”から“秘密を共有した男女のゆくえ”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
盛り上がったはずが。よくある「突然の既読スルー」という地獄:LINEの答えあわせ【Q】

翌日、お礼LINEが携帯に鳴り響く。各々“ごちそうさまでした”と言い合い、“楽しかった”と送り合う、お決まりのアレだ。

女性陣は毎回丁寧に送ってくれるが、忙しい時は基本的に流し読みだ。しかしさゆりからの返信に、ふと手が止まる。

続きはこちら

★第2位
デート後「今日は楽しかったです!」の一文に潜む、女の嘘。LINEの答えあわせ【A】

真由と話しながらも、弘樹から個別LINEが来るのを待った。

―大概、こういうパターンは、そろそろ彼から個別LINEが来る頃...

そう思っていたが、弘樹からLINEが来たのはその3日後、出会ってから4日経ってからだった。

続きはこちら

★第3位
美女が受けた“ワリカン会計”という屈辱。塩対応な彼と2度目の銀座鮨デートはいかに!?

―まさか、自分でお金を払うなんて......

頭をフル回転させて記憶を探っても、ひな子は男との食事で身銭を切った覚えは一度もない。言わば“初体験”である。しかも裕太は、ひな子を二件目に誘うこともタクシーで送ることもなく、百歩譲って駅まで見送ることもせず、あっさりと店の前で解散したのだ。

続きはこちら

★第4位
親友の婚約を、どうしても喜べない。狂気に陥った女が破壊した、一番大切なもの

酷い自己嫌悪に苛まれるのと同時に、行き場のないドロドロとした思いが、この一部始終の根本的な原因である吾郎に向いていく。

―結婚願望のない男と2年も付き合ったおかげで、私の人生は滅茶苦茶になったのよ......!

英里の受けた傷は、吾郎への強い恨みへと転換されていった。

続きはこちら

★第5位
LINEに隠された、想像を絶する彼女の一面。秘密を共有した男女のゆくえ

「サキさん、すみません!なんか、急に酔いが回っちゃったみたいで......」

婚約者の素行を知り動揺した正男は、サキのノースリーブのワンピースから艶めかしく伸びる二の腕に、誘われるように手を伸ばした。

続きはこちら

経者Nightレポ詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo