イケダン!? Vol.1

イケダン!?:部下とのランチ代、1,000円さえ払わない。残念過ぎるイケダンの実態

―イケてる旦那、通称イケダン。

仕事ができて家庭への配慮も忘れず、男としての魅力にも満ち溢れている。

メディアには多くの“イケダン”たちが登場し、礼讃される。

しかし彼らは本当に、全て完璧にこなすスーパーマンなのだろうか?

外資系メーカーに勤務するユウ(29)のFacebookには最近、イケダンたちの投稿が次々に表示されるが、「いいね!」は押さないことに決めている。

その理由とは?


「昨日は子供と1日中公園で遊んだから、焼けちゃったかなぁ?」

月曜朝10時からの、定例ミーティング。

ユウの上司である橋本は、ミーティング前に必ず週末に過ごした家族とのエピソードを語り出す。

ユウは、隣に座っている1つ下の後輩の亜美と「また始まったね」と顔を見合わせた。

月曜の午前は、週末に溜まったメールの返信やリサーチなど仕事は山のようにあるのだ。

「早く終わらないかなぁ」と思いながら、会議室をぐるりと見渡した。

ユウの所属する外資系メーカーのマーケティングチームには10人ほどのメンバーがいて、橋本はこのチームのマネージャーだ。10人のうち8人が女性で、しかもユウと亜美以外は結婚している。橋本の家族エピソードには、皆総じて歓迎ムードだ。

「…帰りはどうしても電車を見に行きたいって言うから、二子玉川駅まで行ったんだけど、見たかったのは山手線だって騒ぎだして」

橋本はやれやれといった様子で言うが、表情は得意げだ。

ユウと亜美以外の女性陣は、「さすが橋本さん!」と感心しながら聞いている。橋本は家庭を大切にする男として社内でも有名で、“イケダン”として雑誌に取り上げられたこともあるという。

しかしそんな彼に対し、ユウにはいくつもの解せぬ思いがあった。

【イケダン!?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo