日本酒をスタイリッシュに!デートが成功するお洒落に日本酒が楽しめる店3選

これまでの日本酒は、和の雰囲気が漂う店でしっぽり…というイメージが強かった。だが最近、日本酒の楽しみ方に新たな波が来ている。たとえば、一見フレンチのような創作和食と一緒に、コンクリート打ちっぱなしのモダンな空間で楽しむ…など、女性が喜びそうな要素が詰まった店で日本酒が飲めるようになってきているのだ。そこで、今回はココに誘えば女性を落とせる!という新たな日本酒の楽しみ方に出会える店をご紹介しよう。

ツウっぽい日本酒と今っぽい料理で魅了
『アトリエフジタ』

代々木上原

コンクリの壁、むき出しのダクト、高いスツール…。この北欧風でお洒落な空間で、実は日本酒を楽しむことができる。

フレンチ出身の藤田善平氏は、岡山県倉敷の出身。彼は故郷の地の材料を直送してもらい、瀬戸内海の魚料理を主軸に創作和食でゲストを魅了する。「いかに面白く出すか?」と語る言葉のように、刺身も藤田氏の手にかかればまるでアートのようなひと皿に。

【デートにオススメの日本酒はコレ!】

左.龍勢 備前雄町 生酛純米
中.遠野のどぶろく 生酛
右.遠野のどぶろく スタンダード

胡麻や味噌、醤油などを使った、和と洋のテイストが共存する料理に合う日本酒は、骨格がしっかりした山廃や生酛のほか、まるでヨーグルトのようなにごりのタイプ。

広島の藤井酒造が醸す「龍勢」は、全量純米。生酛特有の酸が料理と相性抜群で、温めても◎。岩手県の「民宿とおの」による2本のどぶろくは、ぜひ飲み比べを。日本酒は、シェフ兼ソムリエの藤田氏が厳選したものを10~15種類ラインアップ。半合(90ml)¥648~。ペアリングは5皿の料理に合わせた5杯で¥4,298。

マナガツオ、タイ、コチにアレンジを加えた「刺身盛り合わせ」¥1,944 。菜の花のソースがインパクト抜群。金柑などフルーツを使うことで、日本酒と合うようになるのだとか。

白味噌やアサリの風味を存分に感じる「鯛と豆乳と焦がしたキャベツ」。(¥4,860と¥5,400のコースの中の一品)

素揚げしたケールをたっぷり添えた「グリルしたレモンと鰆」。(¥4,860と¥5,400のコースの中の一品)

都内初!! 日本酒ブルワリーパブが話題
『にほんしゅ ほたる』

神田

「出来立てホヤホヤのどぶろくを飲みに行こうよ!」というキャッチーな誘い文句が使える一軒。

都会的でスタイリッシュな空間には、カウンター脇にどぶろくの製造所がある。日本酒好きならずとも興味が沸いてくるだろう。店内に日本酒の醸造設備を併設し、乳白色の「どぶろく」を醸す。これは都内初の試みで、火を入れていないフレッシュな状態で味わうことができる。

さらに特筆すべきは、酒米の最高峰と言われる山田錦を使用し、精米歩合50%という点(贅沢な造り!)。明瞭会計で、どぶろくも他の日本酒もすべて、均一価格。ふたりでも多種多様な飲み比べができる。

【デートにオススメの日本酒はコレ!】

左.東郷 生酛純米
中左.芙蓉 よよいの酔
中右.國暉 特別純米
右.楯野川 純米大吟醸 清流

日本各地の有名銘柄から、ちょっとレアな銘柄までバランスよく取りそろえている。日本酒のタイプも自家製造するどぶろくをはじめ、スパークリング、熟成酒、お燗向けなど幅広い。

日本酒は量ごとに均一料金。60ml¥378、120ml¥702、180ml¥972。少量で注文できるので、気軽にオーダーしてみて。

唯一無二!! 東京でフレッシュなどぶろくが飲めるのはココだけ。

定番人気のボリュームある「牛すじ豆腐」¥648。

あん肝ぽん酢や白レバーの山椒煮、かつおぶしのディップなど、この一皿で何杯も飲めそうな日本酒との相性のいいメニューがセットになった「おつまみ6種持ち合わせ」¥1,598。内容は季節によって替わる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo