これがもう限界だ!いちごだらけの極上スイーツが凄すぎる!

冬から春にかけて旬のフルーツといえば、甘酸っぱいいちご。そのまま食べるのもいいけれどホテルのパティシエが腕をふるったいちごスイーツは、魅惑を増した果実のカタチだ。

手土産に持参すれば喜ばれること間違いない、いちご盛りだくさんの贅沢スイーツはホテルでゲットするのが吉!

「あまおうのたっぷりタルト」1カット(1/8)¥648、ホール(20cm)¥5,184。このケーキの販売は4月中旬まで(ホールは要予約)

大胆ないちごタルトは歓声があがる極上手土産
『スイーツ&デリ』

パレスホテル東京

1ホールにあまおうをふんだんに使用した、いちご好きが焦がれること必至のタルト。

こぼれんばかりのいちごの下は、順に生クリーム入りカスタード、アーモンドクリーム生地、サブレ生地となっており、果実の甘酸っぱさを十二分に引き立たせている。特にアーモンドクリームのコクがいちごの酸味と最高にマッチ!

4~5名用 ¥3,240。このケーキの販売は3月25日~4月1日

エイプリルフールを楽しむにはコレ!
ホテルショップ『ガルガンチュワ』

帝国ホテル 東京

フランスではエイプリルフールになると菓子店に色とりどりの魚モチーフのスイーツが並び、贈りものとして喜ばれている。そんな風習にちなんだこの「ポワソンダブリル(4月の魚)」は、魚型のパイにカスタードクリームといちごをのせ、チョコレートの目をつけたもの。

香ばしいパイといちごのジューシーさの相性は言わずもがなで、4月1日のプレゼントにぴったり!

1ピース(高さ10×直径9)¥3,240 ※1日10個限定。このケーキの販売は4月末まで

これぞ、キング・オブ・ショートケーキ
『パティスリーSATSUKI』

ホテルニューオータニ

2014年にホテルの開業50周年を記念して作られたのが、この「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」。

1ピースに“博多あまおう”を8粒も使用し、スポンジとクリームの間のいちごはスライスではなくハーフカットのためジューシーさも満点。スポンジ生地の中段はシリアル入りのスポンジで、ヘルシーな食べ心地も魅力だ。

横3.5cm×縦8cm ¥648。このケーキの販売は4月中旬まで

大人仕様のフランス版ショートケーキ
『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』

ザ・ペニンシュラ東京

フランス版いちごのショートケーキが、この「フレジェ」。日本のショートケーキが生クリームやエアリーなスポンジで軽く仕上げているのに対し、「フレジェ」はコクのあるクリームとしっとりとしたビスキュイダマンドを合わせているのが特徴。

トップのベリーのジャム、クリームに混ぜたアニスリキュールなどが大人のフレーバーを醸し、お酒との相性も良し。

ホール(13cm)¥4,104、ピース(6cm)¥724。このケーキの販売は4月末まで

色んな味を試したくなる、いちごシュー
『フィオレンティーナ ペストリーブティック』

グランド ハイアット 東京

恒例の「パリブレスト」が今年は進化版として登場。小さいシュー生地をリング状に並べ、下段にカスタード、中段にいちご、上段はチョコレート、バニラ、ピスタチオの3種の生クリームをサンド。仕上げにホワイトチョコでコーティングしたいちごをトッピングした。

シュー生地が味ごとに分かれているので切り分けやすいのもポイントだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo