予約殺到中!イスラエルで人気No.1レストランが、6夜限定で神宮前にやって来る

イスラエルのレストランランキングで常にトップの座を争っている『Brut Wine Bar(ブルットワインバー)』が日本に初上陸!

4/18(火)から4/23(日)までのディナータイムのみの6夜限定と、まさにプレミアムづくしのポップアップレストランなのだ。

『Brut Wine Bar』のポップアップレストラン、公式サイト以外では発信していないのだが、すでに予約が殺到!情報をキャッチするのが早い食通たちによって、じわじわと席が埋まってきているのだとか。

まだ『Brut Wine Bar』を知らない人は詳細をチェックし、気になったらすぐに予約を!

イスラエル・テルアビブにある『Brut Wine Bar』の様子

こだわりの食材を使用した、モダンイスラエル料理を食べに行こう!

イスラエルの人気レストラン『Brut Wine Bar』。
オーナーシェフのヤイール・ヨセフィ氏は、1760年の創業以来、著名人たちを魅了し続ける、パリを代表するレストラン『グランヴェフール』をはじめ、『ピエールガニエール』、『ラセール』で長年修行重ねている。

その経験をもとに、クラシックフレンチをイスラエル料理に織り込んだモダンイスラエル料理のスタイルを確立し、『Brut Wine Bar』で提供。

料理には、レストラン専用の菜園から採れた新鮮な有機野菜や平飼い卵、熟練された職人のチーズ、地元で育てられた黒トリュフや鮮魚、フランスから直輸入した食材を、贅沢に使用している。

ヤイール・ヨセフィ氏が作り上げたモダンイスラエル料理は、日本人でも親しみやすい、優しいテイストが特徴。

今回、表参道にオープンするポップアップレストランでも、食材は農園、牧場、漁師から直接買い求めるという信念を貫き、産地直送の有機野菜や鮮魚、高級ラムやスパイスなどの特別輸入品をハイライトするコースメニューを用意。

鰤の刺身に若葡萄のピクルスと春麦の燻製を鮮やかなアルグラオイルで飾った前菜や、鰆を薫り高い胡麻タヒニソースで仕上げる一品など、素材本来の良さを引き出したメニューを、ぜひこの機会に食べてほしい!

メニューをご紹介!

「スズキ・燻製茄子とセロリアックのピュレ・ヴェルデオイル」

皮がパリッとするまで焼き上げたリッチな味のスズキに、スモーキーな燻製茄子と、なめらかな舌触りのセロリアックピュレを添えて。

「戻り鰹のピリ辛タルタル・ケーパーベリー・青葱」

Brutのおつまみ。カリカリに焼いたクロスティーニに、少しづつのせていただく。強めの食前酒とあわせてどうぞ。

「炙り烏賊・完熟トマトのロースト・ハーブソース」

イスラエルでは、トマトが春先に早々と熟す。また地中海で豊富に釣れる烏賊は柔らかく、トマトの爽やかな酸味との愛称が抜群の逸品に。

「朝摘み卵・野草と熟成チーズのシチュー・自家製パフペーストリー」

春は野草摘みの季節。野草は意外とまろやかな味で、トロリとするまで煮込む。濃厚な卵黄にペーストリーをディップしながら召し上がれ。

「羊のボーンマロウ・岩塩・黒胡椒・ラディッシュ」

マロウは骨髄のこと。日本では珍しいがヨーロッパ界隈では人気の食材。カリッと焼き上げたトーストと一緒にコッテリとしたマロウをどうぞ。

「しめ鯖のエスカベッシュ・小玉葱と紫人参のロースト」

しめ鯖の上品な旨みと、じっくりとローストした野菜の甘さのバランスが絶妙な人気の一皿。

「茸とシトロンのスープ」

季節により変わる茸三昧のスープは、安定の人気メニュー!

「春鰹のタルタル・ケーパーベリー・カリフラワーの ”クスクス”・香草ピュレ」

それぞれの個性を味わうも良し、コンビネーションを試すも良し。ハーブの鮮やかな香りがフワッと広がる。

「Brut農園のお野菜色々」

毎朝、専属農園から虹のようなカラフルな野菜が届く。チップ、ロースト、フライ、フレッシュのままと、いろんな食感が入り混じる、自然の恵みが豊富なサラダ。

「カンパチ・茸のピクルス・カリフラワーの ”クスクス”・ハーブソース」

脂がのったカンパチのハラスを、ピクルスのさわやかな酸味でバランスをとった逸品。一晩に二皿食べてしまうゲストが沢山でるほどの人気メニューだ。

「鰆のタルタル・パプリカソース・カリフラワーの ”クスクス”・季節のピクルス」

思い切って全てを合わせてお試しあれ。不思議な事にステーキタルタルの味がするのだ!

『Brut Wine Bar』オーナーシェフのヤイール・ヨセフィ氏

ラム肉本来の旨みを味わえる“羊三昧メニュー”にも注目!

日本で豚肉や牛肉を食べる感覚で、ラム肉を食べるイスラエル。

ラム肉独特の風味と味をバランス良く旨味に変え、美味しさを引き出すプロといえば、幼い頃からラム肉を食べているイスラエルのシェフたちと言いきっても過言ではない。

今回のポップアップレストランでは、イスラエルのシェフたちによって調理されたラム肉が思う存分味わえる「LAMB+LAMB+LAMB」(12,000円+税)を数量限定で用意。品種・カットなど、さまざまな羊料理が揃った「LAMB+LAMB+LAMB」で、ラム肉の本当の美味しさを堪能してみて。

グラスワインは900円~、ボトルは8,000円~用意されている

料理とワインのマリアージュを楽しもう

フレンチの要素も加わったモダンイスラエル料理は、ワインとの相性抜群!

イスラエルワインやナチュラルワイン、普段はなかなか試すことができない珍しいオークションワインなど、約50種類のボトルをバランスよく取り揃えている。

今回のポップアップレストランではディナー以外にも、イスラエルワインにフォーカスしたテイスティングイベントも開催!興味のある人はこちらのメールアドレス(info@brutwine.tokyo)まで問い合わせてみて。

イスラエル・テルアビブにある『Brut Wine Bar』の様子

ワンランク上の料理とワインを仲間達と楽しむ空間

イスラエルで2番目に人口が多いテルアビブ・インダストリアル地区にさりげなく佇む『Brut Wine Bar』。

一見静かなフレンチビストロに見えるが、中に入ると活気ある会話と笑い声が渦巻いている。カウンター越しにトリュフを削りながら、来店した人たちと話すヤイール氏をはじめとするシェフたちの姿が目に飛び込んでくる。

イスラエル・テルアビブにある『Brut Wine Bar』の様子

メニューは『Brut Wine Bar』専属の菜園で採れた野菜や入荷の状況によって日々変わるので、さまざまなメニューを味わいたいと毎日来る人も少なくないのだとか。

ソムリエが常連客の好みに合ったワインを暗黙の了解で注いでいけるのもお客様を熟知している証拠。ワイン通が通う場所として有名という事もあり、『Brut Wine Bar』専用の樽を設けているワイナリーも数多くある。

イスラエルから来日する『Brut Wine Bar』のチーム

■ポップアップレストラン概要

店名:Brut Wine Bar 東京
開催期間:4/18~4/23
場所:渋谷区神宮前5-25-1 2F
時間:17:00~23:00(L.O.21:00)
コース内容:
・「DISCOVERY」(価格:6,800円+税)
・「POSSIBILITIES」(価格:8,800円+税)
・「LAMB+LAMB+LAMB」(価格:12,800円+税)※数量限定
予約はこちら:www.brutwine.tokyo

東カレデート詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo