Age,32 年収上がらなくて。 Vol.8

“やりたい”仕事に、しがみついていませんか?転職に悩んだ代理店女子の、ある決断

―年収が、上がらない。

薄々と気付いていた、サラリーマンの年収の限界。

大手広告代理店勤務の貴一(32)が改めてそれを実感したのは、入社10年目の1月、源泉徴収票を見た時だった。

…俺の人生は、こうやって終わっていくのだろうか?

転職活動を始めた貴一は、外資コンサルの三次面接で落ちてしまう。しかしその後、起業した同期・啓介の会社に誘われ、元上司に相談したら「早く辞めたほうがいい」と言われ、心が揺らぐ。


「お前の同期の小林今日子、4月の人事でうちのチームに引っ張ってくる予定だよ」

元上司から、意外な人物の名前が出た。

今日子は、俺の一番仲の良い同期女子だ。

しっかり者で、同期の中では姉御的な存在。最初の3年間はクリエイティブ職で、その後は営業へ異動になった。

今日子は、ファッションが大好きで、見るたびに違う服を着ている。エッジの効いた服装に、先端がきれいに揃えられた丸いかたちのショートカット。それが個性的な佇まいを一層強調していた。

初めはとっつきにくそうに見えたが、話していくうちに心根は素直で優しい子だと分かった。家が近所な上に、お互い音楽好きという共通点がある。他の同期も交えて何度かフェスに行く内に、いつのまにか親しくなっていた。

そんな今日子の秘密を、俺は知っている。

もう、6年前くらいのことだろうか。営業へ異動と聞いたとき、泣きっ面になっていた、あの日のことを。

【Age,32 年収上がらなくて。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo