しっとりチャーシューはラーメン店だからなせる技! わざわざ足を運ぶべき肉麺6選

curated by
田辺 晋太郎

肉うどん(中)¥750

出汁に寄り添うあっさり味が素晴らしい!
『香川一福』

神田

香川の人気うどん店『一福』が昨年、神田にオープン。ウルメとさばを主体とした出汁と、さぬきうどんよりも細めに仕上げたうどんで、瞬く間に人気店の仲間入りを果たした。

「カレーうどん」などとともに人気なのがこの「肉うどん」。出汁の香りを邪魔しないようにと、US産の牛を使用。玉ねぎと出汁、しょうゆなどを半日かけて煮込むことで、出汁との調和を高めている。一口食べれば、さっぱりとした肉の味わいと玉ねぎの甘みが口に広がる。香川の乾物店から仕入れるという鰹節も一興。

食べるごとに肉と出汁がまろやかになり、あぁ食べ終わりたくない、と心から願うはず。数量限定なので、確実に食べたい人は早めの来店がベター。

肉うどんは小¥680、中¥750、大¥820。甘からに仕上げられた肉の旨みを存分に味わって

清潔感のある店内。昼時には行列ができることも多々ある

瓦そば ¥1,000

そば+卵+牛肉の組み合わせにハマる!
『ぶち』

白金高輪

下関出身の兄弟が営む、下関の郷土料理と地酒が楽しめる店。名物は最近巷で話題の「瓦そば」。瓦そばとは下関市川棚で生まれた郷土料理で、熱々の瓦に茹でた茶そばをのせて、その上に甘辛く味つけした牛肉と錦糸卵、薬味にレモンともみじおろし、海苔、ネギが盛り付けられたもの。

牛肉と茶そばを、特製出汁にたっぷり浸していただくのが美味しい食べ方。瓦の熱で麺が焦げて、パリパリともちもちの食感が楽しめる。肉の味と香ばしさが相まって、酒との相性も抜群。使用する茶そばは自家製麺で、国産抹茶を配合した風味豊かな味わい。自家製鰹出汁のシンプルなつけ汁のほか、胡麻担々や旨辛パクチーなどのオリジナルつけ汁も選べる。

牛肉は、生姜、砂糖、みりん、酒、しょうゆで甘辛く炊く。すべてを混ぜ合わせて、豪快にいただこう

在京の山口出身者からも大変な人気を誇る。魚らん坂からすぐの場所に位置する

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo