肉を覆う山盛りパクチー!肉好きもパクチストも悶絶させるお店厳選5軒

かつては苦手派が圧倒多数だったパクチーだが、ここ数年で専門店ができるほどの人気者に飛躍。えぐみやクセの少ない、国産のパクチーが広く出回るようになったことが大きな理由と言われている。

デトックス効果があり、腸の働きを活性化するなど、体にとっても嬉しいことづくし。消化を助ける作用もあるので肉と合わせることで、美味しく効率的に野菜を摂取できるというのもありがたい。

ここでは肉好きもパクチストも満足な厳選店をご紹介!

「豚バラのスタミナパクチー」(¥842)にも、お皿から溢れんばかりのパクチー25gが乗る。フレッシュなパクチーと濃いめの味付けは、ごはんとの相性も抜群!

パクチスト垂涎のユニークな料理が盛りだくさん!
『PHAKCHI BAR LAMB CHOPPER』

学芸大学

まずパクチー好きにおすすめしたいのは、閑静な住宅地に佇む『パクチーバー ラムチョッパー』。ラム肉とパクチーといえば、もはや説明不要の黄金コンビだが、ここにはほかのラム×パクチーの店にはない変化球メニューが多数。横浜の農家から仕入れる無農薬のパクチーは肉厚で味も香りも鮮烈。

そのパクチーの持ち味を生かした、シンプルながら、オリジナリティの光るエスニックベースの料理が熱烈なパクチストたちから支持を集めている。

「プレミアムロインのカルパッチョ」¥980。前菜人気ナンバー1! ピリ辛ダレに肉とパクチーをたっぷり絡めて

どの皿にもケチらず、たっぷりとパクチーを使うのが身上で、追加のパクチーは無料で提供。スパイシーな肉とフレッシュなパクチーのコンビネーションに「ここでパクチー嫌いを克服した」という人がいるというのもうなずける。

皮や包み方にもこだわった手作りの「純純餃子」は、パクチーや大葉など4種を用意しており、自家製オイルと合わせるのも新鮮だ。ヘルシー志向の女子のツボを押さえた料理はもちろん、古民家をリノベーションした隠れ家的な空間も、カジュアルデート使いにもぴったりだ。

「冷製蒸し古白鶏ネギパクソース」¥580。パクチーオイルの香りがしっとり柔らかい鶏の風味を引き立てる

「パクチー餃子」¥680。肉料理に合うお酒とともに

餃子とともに提供される自家製オイル。コーヒーや玄米、抹茶など、変わったフレーバーも。ほかの料理に合わせてみるのも面白い

住宅街の路地裏にひっそり佇む隠れ家的な空間

「プルドポークとパクチーのサラダ」¥1,300(ディナー時のみ提供)。パクチーのほかにも卵、トマト、葉野菜がたっぷり。アンチョビとマスタードを多めに使ったドレッシングも美味

良質なたんぱく質と新鮮な野菜を美味しくチャージ!
『HyLife Pork TABLE』

代官山

自然豊かなカナダのマニトバ州で地元の飼料を食べて育ったハイライフポークを使った料理で話題を集める『HyLife Pork TABLE』。

カナダ産豚肉でトップシェアを誇るブランド豚のローストやバーベキューバックリブが人気だが、まずオーダーしたいのが、「プルドポークとパクチーのサラダ」。ビタミンBが豊富な豚肉は疲労回復や美肌効果があることでも有名。

とりわけ、オレガノやタイムなど、良質なハーブを食べて育ったヘルシーなハイライフポークと新鮮なパクチーの組み合わせは、美容のサポーターとしてもうってつけだ。

店内には塊肉の保管庫が

木を多用し、ナチュラルで居心地のよい空間に。春夏はテラス席での食事もおすすめ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo