夜でも圧倒的にお得!5,800円で絶品のフルコース寿司ディナー!

「寿司コース 月」(1人前5,800円)

女性からの「お寿司が食べたい」というオーダーがいつ入るかと、怯えて過ごしている男性よ、安心して欲しい。そんな時には『寿司 高瀬』がついている!

同店ではディナーの寿司コース5,800円を提供。寿司8貫に加え、前菜、お造り、焼き物と全7品を楽しめてこの価格というから驚きだ。

さっそくコース料理を一品ずつ紹介していこう。

(写真上)前菜の「ふぐの煮こごり」(左)と「野菜スティック 酒盗とわさび漬けを添えて」(右)。(写真下)焼き物「白子焼き」。

職人技が光る!前菜2品でほろ酔いに

席に付き「寿司コース 月」をオーダーすると、まずは前菜、そしてお造り、焼き物と運ばれてくる。

この日の前菜は、「ふぐの煮こごり」と「野菜スティック 酒盗とわさび漬けを添えて」。ふぐの皮から出たゼラチンのみで作られる上品な味わいの煮こごりは、時間が経つと付けてしまうほど繊細。口に入れた瞬間にサッととろけていってしまう。

野菜を酒盗とわさび漬けを混ぜた自家製タレに、野菜を付けて味わう逸品もお酒との相性が抜群。前菜2品ですでにほろ酔い気分になれるだろう。

(写真上から)「マグロ」、「筍」、「ヒラメ」、「青柳」、「シメサバ」、「トビウオ」。

仕事が行き届いたお造りに感動

続いては上品に盛りつけられたお造り5点。仕入れ状況により内容は異なるが、この日は「ヒラメ」、「トビウオ」、「青柳」、「シメサバ」、「中トロ」。

なかでも大将のおすすめは、「トビウオ」。塩で締められた身はキュッと締まっており、「お魚を食べているな」という感覚を強く感じられる一品だという。お造り盛り合わせのなかだけでも、細やかな仕事を感じられる。少しずつつまみながら日本酒をゆっくりと味わって。

冬の焼き物は「白子焼き」。仕入れた白子を真水でよく洗い、臭みをとり、サッと焼き上げる。白子のクリーミーな甘さが、引き立つよう味付けはシンプルに塩のみ。レモン少し絞るとあっさりと味わえる。

「海鮮茶碗蒸し」

海鮮たっぷり茶碗蒸しが嬉しい!

『寿司 高瀬』コース料理のなかで注目したいのが「海鮮茶碗むし」。通常茶碗蒸しはお寿司の後に小さな茶碗でサラッといただくことが多いが、同店は寿司前に提供される。

海老、蟹、帆立といった大ぶりの海鮮がたっぷりと入り、キクラゲ、三つ葉、椎茸などの食感の違う食材が歯ごたえの楽しさを演出している。白醤油とみりんのみで味付けされ、優しい味わいに。

海鮮の旨みも広がり、多めの量がありがたく感じるほどに美味しいのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo