老舗の本格ランチを銀座で食べたい!間違いなく旨い銀座ランチ5選

人気のランチ「牛もつ鍋定食」。味は和風・カレー風味・塩味の3種類から選べる。

※時期などによって、メニューの変動あり。

銀座で創業30周年の老舗和食店『がんばる君』

東銀座

銀座6丁目に見つけた小さなビル。おそるおそる地下へ下りると、そこにはカウンターとテーブル席で10人ちょっとも入ればいっぱいになってしまいそうな小さな空間がある。ここが、銀座で創業30年以上の老舗和食店『がんばる君』だ。

店名のかわいらしさとはうって変わって、壁一面には手書きのメニューやら、ワイドショーが流れるテレビやら色々なものが目に入ってくる。アットホームというより懐かしい感じが落ち着く。

一人前サイズの鉄鍋に、たっぷりの牛もつと大根、キャベツが煮込まれている。ボリュームも申し分なし。

ランチタイムは11:30~13:30。ほとんどの客がオーダーするという「牛もつ鍋定食」は、和風・カレー風味・塩味と3種類が用意されている。

かわいらしい真っ赤なトレーの上に乗っているのは、一人前サイズの鍋に入った牛もつ煮込み。そこに、ご飯と日替わりの小鉢がつく。

メインの牛もつは、ホロホロに柔らかく煮込まれており、たっぷり入った大根とキャベツにもしっかりとスープの味が染み込んでいる。

銀座の真ん中にこんな隠れた場所があったなんて。思わず“ただいま”と言ってしまいそうな、優しい老舗である。

人気ナンバーワンの「スンドゥブチゲ」。スープは辛さの中にふくよかな旨味を感じさせる仕上がり。

寒い日の定番!『王十里 サランチエ』のスンドゥブでポカポカに

有楽町

東銀座から徒歩1分。多くの飲食店が立ち並ぶこのエリアに、ひと際目立つスタイリッシュな外観の『王十里 サランチエ』。ふらっと立ち寄れる使い勝手の良い空間で、本場韓国の味がリーズナブルに楽しめる。

寒い日の人気ナンバーワンメニューはなんといっても「スンドゥブチゲ」。運ばれてくる石鍋からは熱々の湯気が立ち上り、真っ赤なスープと食欲を誘う香りがたまらない!ランチタイムには、すべてのメニューにミニチヂミやキムチが付いてくるサービスも嬉しい。

ほろほろの豆腐に、玉ねぎやシイタケ、ひき肉などたっぷりの具が入り、口に入れた瞬間の熱さと辛さがたまらない!もちろん、生玉子もちゃんと入っている。

前半はスープをそのまま、後半はスープにご飯を入れても旨い。スープの味をしっかり吸ったご飯に、ちょうど良い半熟具合に出来上がった玉子を合わせれば、また違ったスンドゥブの楽しみ方ができる。ぜひ試してみてほしい。

味噌ベースで仕上げられた「もつ煮込みランチ」。

本場博多のもつ煮込みの味を銀座で『博多慶州 銀中店』

日比谷

もつ鍋の本場と言えば、博多。その博多で絶大な人気を誇る「慶州」の味が銀座でも味わえる。新橋料亭街の落ち着いたエリアにある『慶州銀中店』は、ソファー席やゆったりと寛げるテーブル席を備えた、落ち着いた空間だ。

姉妹店の東銀座店では山盛りのちゃんぽん麺が名物だが、ここ銀中店では王道の「もつ鍋ランチ」や「もつ煮込みランチ」が人気だ。

ぐつぐつ煮えた石鍋の中には、溢れんばかりのモツが豪快に煮込まれている。甘めの味噌ベースで仕上げているから、ご飯にもベストマッチ!

ぐつぐつと煮えた石鍋の中にモツや豆腐、こんにゃくがたっぷり入っている。

ぷるっぷるのモツに味の染み込んだ豆腐やこんにゃくを頬張れば、旨みたっぷりの脂が口の中に広がり、一気にご飯をかきこみたくなる。

モツの脂が溶け出たスープはさらにコクがアップし、石鍋効果で最後の一滴まで熱々で楽しめる。この冬、これを食べずしていつ食べる?!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo