さすが築地!日本一の牡蠣が食べられる牡蠣の目利きの店はここだ!

日本全国から旨いものが集中する場所といえばここ、日本一の市場「築地」。ならば牡蠣だって築地で食べるのが一番旨いに決まっている。

牡蠣好きなら絶対に覚えておきたい、築地の牡蠣の名店が『地下の粋』だ。生牡蠣はもちろん、牡蠣を贅沢に使った料理まで楽しめる。一度は足を運んでほしい!

牡蠣にぴったりのワインも充実。おすすめは「プロセッコ スプマンテ エクストラ・ドライ」(ボトル2,980円)

日本全国から集まる絶品の生牡蠣!産地ごとの味の違いがはっきりわかる!

『地下の粋』とは、築地仲卸が運営するオイスターバー。全国から選りすぐりの牡蠣が集まる築地市場からさらに吟味された牡蠣が揃う同店。その種類の豊富さたるや、牡蠣好きならずとも一度は行っておきたくなるはずだ。

まずは生牡蠣で、産地ごとの味の違いを楽しむのがいいだろう。今回は同店イチ押しの「食べ比べセット」2種類に入った、全6種の牡蠣を紹介したい。

「今夜のおすすめ食べ比べセット Aセット」(1人前1,300円)※内容は日により異なる、写真は2人前

「兵庫県 室津」(1個360円/2個680円)。こちらは、室津産の一年物の牡蠣。小ぶりではあるが、しっかりとした旨みを楽しめる。

続いて「三重県 的矢」(1個650円)。牡蠣の名産地として名高い的矢湾で育ったもので、甘みと旨みを感じられる逸品だ。

冬に一番の美味しい時季を迎えるのが「長崎県 小長井」(1個480円)だ。こちらは牡蠣には珍しい太くて甘い貝柱が特徴。これがコリコリとした歯ごたえがあり、絶品である。

これらが全てセットになって1,300円というのもかなりお得!

「今夜のおすすめ食べ比べセット Bセット」(1,100円)※内容は日により異なる

「3種食べ比べじゃ満足できない!」という人は、Bセットも一緒に注文しよう。こちらはすっきりとした味わいの「山口県 才川」(1個360円/2個680円)、3年物で塩味が効いた「岩手県 陸前高田」(1個380円)、塩味と旨みのバランスのいい「北海道 厚岸」(1個480円)がセットになっている。

全て牡蠣ではあるが、ひとつとして同じ味はなく、食べる度に新たな味に出会える。こんな嬉しい体験をさせてくれるセットが1000円代とは、かなりお得であることは言うまでもないだろう。

「殻付き牡蠣の白ワイン蒸し」(1,480円)

生じゃなくても超絶旨い!一品料理も必食だ

生牡蠣をたっぷり味わった後には、一品料理のメニューにも注目して欲しい。今回はなかでもおすすめの2品を紹介しよう。

1品目は「殻付き牡蠣の白ワイン蒸し」。蒸し上がった牡蠣は殻付きのまま、熱々で運ばれてきて、自分で殻をむいて食べるスタイルだ。これがまた堪らなく旨い! 兵庫県産のぷっくりとした牡蠣は蒸されることで甘みが倍増。殻の中に残る白ワインと牡蠣のダシが合わさった汁まで、飲み干しながら熱いうちに召し上がれ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo