Age,32 年収上がらなくて。 Vol.3

年収は、男の価値。高い方が勝つんです。年収1,000万、上を見始めた男の苦悩。

―年収が、上がらない。

薄々と気付いていた、サラリーマンの年収の限界。

大手広告代理店勤務の貴一(32)が改めてそれを実感したのは、入社10年目の1月、源泉徴収票を見た時だった。

今のところ、俺の年収は緩やかな上昇曲線を描いているが、その上を目指すならば、出世競争という名の我慢比べゲームに参加するしかない。

…俺の人生は、こうやって終わっていくのだろうか?

貴一の転職活動は、こうして幕を開けた。

「転職するする詐欺師」という同期の痛烈な一言により、転職活動を始めた貴一。しかし、コンサルタントが年下の男で、やる気をなくす。そこに現れた人物とは…?


外資系企業に特化した転職エージェント、「S&P」との面談当日。

この間の「キャリアナビ」と同じように、オフィスに出向くのかと思いきや、どうやら勝手が違うようだ。こちらの都合に合わせて場所はどこでも良い、そんな旨のメールが、担当の吉岡美智子という女性から届いていた。

―女性か…。年上だったらいいけど。

前回のエージェント「キャリアナビ」との面談後、上司と思われる男から、「いかがでしたか?何か不都合があれば仰ってください」という内容のメールが来たが、返さなかった。年下のコンサルタントとの面談は不完全燃焼だったが、「S&P」との面談次第で考えればよい。

「では、水曜日19時に、中目黒GTプラザ地下一階のスターバックスでお願いします。」

吉岡美智子は、仕事ができる女性のようだ。メールのレスは早く、要点を外さない。会う前から、何となくイメージは想像できた。

―美人で仕事はできるが、プライドが高く未だ独身。

そんな勝手な妄想を膨らませながら、「よろしくお願いします」とこちらもすぐさまレスをした。

【Age,32 年収上がらなくて。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo