ハワイ通が通う「とっておき」レストランはココだ! Vol.1

雰囲気も味も抜群!ハワイ通が本当は教えたくない名店7選

大手出版社勤務を経て2009年よりハワイに移住。地元情報誌編集長を経て、現在はエディターとして各種メディアをプロデュースする

『Senia』

@ダウンタウン

「芸術品のような創作料理の数々に感動必至です」とハワイ在住のエディターが教えてくれたのは、いまハワイで注目の店!

知る人ぞ知るアラモアナの会員制レストラン『ビンテージケーブ・ホノルル』を有名にしたシェフ、クリス・カジオカ。その彼が満を持して開いたレストランが『Senia』だ。

2016年12月にオープンしたばかりだが、早くも予約が殺到。その人気の秘密は繊細な味付けにある。和食や鮨に大いに影響を受けた彼は、一見フレンチに見える「フォアグラテリーヌ」($22.00)に梅酒やしそを隠し味として使っていたりと創意工夫が素晴らしい。多種多様な食材にこれまでにないチャレンジを加える彼の料理に驚かされること間違いなし。

【SHOP DATA】
住所:78 N.King St., Honolulu
TEL:808-200-5412
営業時間:11:00~14:00(月~金)/17:30~21:30(月~土)
定休日:日
席数:64席

不動産会社社長として忙しい日々を送る。ハワイへの渡航 歴も多く、オススメの店もいっぱいあるのだとか。「お寿司や創作料理も楽しめる楽(GAKU)も是非行ってみて!」とのこと

『Sorabol』

@アラモアナ

24時間営業の韓国料理店として知られる『Sorabol』。どの時間帯でもにぎわう人気店だ。焼肉やチジミ、鮨などメニューは豊富だが、増田さんの推薦は、「アワビのお粥(Junbok Jook Abalone Porridge)」($12.99)。さっとフライにして味をつけたアワビがたっぷりお粥の中に。そこにたまごと海苔を落として食す。

「ハワイ初日の時差ボケの体にアワビ粥が沁み入ります。また、ケチゲ(渡り蟹チゲ)もおすすめです」と増田さん。

【SHOP DATA】
住所:805 Keeaumoku St., Honolulu
TEL:808-947-3113
営業時間:24時間営業
定休日:無休
席数:220席

国内外に約80店舗の飲食店を展開するゼットンの創業者。国内では『アロハテーブル』や『アロハアミーゴ』などハワイの雰囲気が楽しめる店舗や、ハワイ現地でもいくつも店を経営している

『Livestock Tavern』

@ダウンタウン

むき出しの赤レンガを生かした都会的なダイニング&バーは、古い建物をリノベーションしたもの。

クラシックなアメリカの家庭料理を現代風にアレンジした2016年秋のメニュー「Seared duck breast」($29.00)は、サンクスギビングの付けあわせとしてアメリカの家庭では欠かせないクランベリー&アップルソースがアクセント。

「ハワイにありながらアメリカンダイナーを感じさせる店」とハワイ通の稲本さんが語る同店。一度足を運んでみては?

【SHOP DATA】
住所:49 North Hotel St., Honolulu
TEL:808-537-2577
営業時間:11:00~14:00(月~土)/17:00~22:00(日祝)
席数:56席

東京カレンダー3月号はハワイ特集!
ハワイのレストランシーンを東京カレンダーならではの切り口でご紹介!
完全保存版なこの一冊は、ぜひd magazineでチェック!



【東カレ男子に質問!エリア別出会いの場アンケート】

丸の内、銀座、六本木、渋谷、恵比寿、中目黒、代官山、表参道、世田谷近辺で
働いている、または住んでいる東カレ男子の皆様!

『異性と出会える店』『仲良くなれる場所』『よく行く店』をぜひお聞かせください。

ご回答いただいた中から抽選で10名様を『オンライン東カレNIGHT』へご招待させていただきます!

※回答所要時間:約2分

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/VTFWNML1

【ハワイ通が通う「とっておき」レストランはココだ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo