先週のアクセスランキング!1位は「妻をもう、女として見れない。理想のイクメン像を強要された“中の上”サラリーマンの嘆き」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

““中の上”サラリーマンの嘆き”に“チヤホヤされたい妻が設定した、既婚者恋愛のルール”から“疲れた男の心と体を、あま~く癒す朝食”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
妻をもう、女として見れない。理想のイクメン像を強要された“中の上”サラリーマンの嘆き

努力家な彼は、同世代の方でも給与ランクは高い方で、年収は800万円ほど。会社の待遇も良く、家族にも恵まれ、性格も良く友人も多い。

しかし、そんな彼の今の唯一の救いは「近所にあるジムに行くこと」だと話す。会社帰りやたまの休日に、そこに立ち寄るのが唯一の息抜きらしい。幸せそうな彼に何が起こっているのだろうか?話を聞いてみた。

続きはこちら

★第2位
大人の恋は、大抵、叶わない。彼女の旦那への嫉妬で荒れ狂う、25時の表参道

「それじゃ、フミヤ君。後でね。」

彼女はそう言って、旦那と一緒に店を出て行ってしまった。幸福だったはずの朝に、一気に絶望の淵に追いやられた。iPhoneの電源を入れると、美月からの着信を告げる莫大な量のSMSと、溜まっていたLINEが一気に届く。朝9時半の表参道。最悪な1日は、まだ始まったばかりだ。

続きはこちら

★第3位
壊したくないものは、何ですか?チヤホヤされたい妻が設定した、既婚者恋愛のルール

食事の誘いを受けてもまだ遥はどこかで踏ん切りがつかずにいたので、後ろめたさを振り払うように自分自身に幾つかのルールを設けた。いくら相手に惹かれたとしても、決して夫を裏切らない。相手から好かれるのは拒否しないが、自分が相手に溺れそうになったらすっぱりと連絡を絶つ。

そうしてほんの少しだけ、女性として丁寧に扱われる時間を過ごすだけー

続きはこちら

★第4位
エビージョ!最終回:夢見る少女じゃいられない。己の身の丈に合った、人生の落としどころ

「楓さん...私、俊明さんからキスされた瞬間に、“こんなオッさん無理!”と思って体が拒否反応を示してしまいまして...」

「そうなの?まぁ“あれ”は誰でも無理でしょ。あんな年上の変な人と結婚したら、お金目当てなのバレバレだし、良かったじゃん。」

ぐうの音も出なかった。確かに俊明の経済力を知らなかったら、ご飯さえ行っていなかったかもしれない。ましてや結婚なんてしたら、世間から好奇の目で見られていたのだろうか?

続きはこちら

★第5位
本命ではない女と迎えてしまった朝。疲れた男の心と体を、あま~く癒す朝食とは?

LINEを送り続けても、既読になる内は、俺の気持ちは収まらない。彼女のFacebookもInstagramも、更新されることはなかったが、たまにFacebookでタグ付けされている彼女の姿を見ると、胸が苦しくなった。

―SNSってその人の近況が分かるから便利だけど、こうやって繋がっていると思うと諦めきれないな。

今まで女性を弄ぶ側だったはずなのに、早紀さんと出会ってからはセンチメンタルな男になり下がってしまった。そんなことを考えていたとき、一通のLINEが届いた。

続きはこちら

アラサー募集詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo