東カレイベント レポート Vol.6

30歳。大人の階段を上る酒を、代官山の或るイベントで知った。

12月に入り、街角にクリスマスツリーの光が存在感を増し始めた頃。

代官山『タブローズラウンジ』に集まったのは、ウイスキーが似合うと言われる不惑のアラフォーよりも、ぐっと世代の若い東カレ読者男女50名(平均年齢30.25歳)。

連載WEB小説『ウイスキーと美女』の男女の駆け引きが見せるように、ウイスキーは、一筋縄で語れないような奥深い世界観を持つお酒。まだ手が届かないでいる読者も多くいることだろう。

『富士山麓』との特別コラボレーションにより実現した当イベントでは、「ウイスキーの愉しみ方を知れた」「ウイスキーをもっと飲んでみたいと思うようになった」という声があがるほど、甘い樽熟香に酔いしれる一夜となった。

都会の喧騒を離れて……

代官山駅前の通りから地下へ入っていくと、そこには洗練された重厚感のある空間が広がっていた。

シャンパンのウェルカムドリンクで参加者を招き入れ、手元にハイボールが行き渡ったタイミングで乾杯。

チリン、とグラスを重ね合わせた音が会場の空気に伝わる。

「ウイスキーの味って、こんなに違うもの……?」

「富士山麓は、モルトウイスキーとグレーンウイスキーの掛け合わせによって出来ているんです。是非、飲み比べをしてみてください」

フルーティーな香味を持つモルト、甘く芳醇なグレーン、そして富士山麓の3種を口に含み、それぞれの味わいを愉しんでもらう飲み比べブースでは、ウイスキーの持つそれぞれの個性について、説明者と参加者とで話が盛り上がる。

「ブレンドによって、ウイスキーの味わいが変わるなんて知らなかったです」と、参加者の1人は嬉しそうに語る。

富士山麓の愉しみ方も、いろいろ。

そして、富士山麓の樽熟香と奥深い味わいを活かした、5種類の大人のカクテルも、参加者の目と口を喜ばせた。

中でも特に人気だったのは、『富士山麓ととちおとめのマティーニ 』。いちごの甘酸っぽさと、まろやかな富士山麓のマリア―ジュは、苦みの強いウイスキーのイメージを消してしまうほど。

ミントの香りとジンジャ―のスパイス、富士山麓のコンビネーションによる、『富士山麓ジンジャ―モヒート』も好評だった。

【東カレイベント レポート】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo