食賢者推薦の贅沢おもたせ Vol.1

あの有名店の名物料理をご自宅で!食通たち激薦の絶品お取り寄せ品4選

パテを包んでいるのは香り高いブリゼ生地。エレゾにはほかにも蝦夷鹿や放牧豚のテリーヌもある

音楽家やMC 、ラジオパーソナリティが本業ながら、肉に深い見識があり、「肉マイスター」と呼ばれる。著書『焼肉の教科書』(宝島社)が好評発売中

『ELEZO』の「パテアンクルートジビエ」¥2,160

テレビ・ラジオの出演にとどまらず飲食店コンサルもこなす“肉のプロ”が教えてくれたのは、メインディッシュにもなる贅沢パテ。

松濤の紹介制レストラン・エレゾハウスを展開するELEZO社は、実は食肉料理人集団でもある。狩猟から生産、調理まで行い、オンラインでも販売している。パテは、ヒグマやキジバト、ジビエを内包した仔牛とフォアグラが層になった奥行きのある味わい。

「エレゾのパテは見た目も美しく、味もバツグン! 差し入れにもよく使っています」

ELEZO社
TEL:015-575-2211
HP:http://elezo.shop-pro.jp/

牛頬肉はたっぷり120g !野菜も、ブロッコリーやにんじん、かぶ、カリフラワーなどごろごろと入っている

小誌でもおなじみの偏愛系ライター。一度ハマると歯止めの利かないマニアックな気質と比較的丈夫な胃袋をもつ。最新刊は『自分史上最多ごはん』(マガジンハウス)

『レストランアラジン』の「国産牛ホホ肉のポトフー」¥1,950

現在の得意分野は、肉!という小石原さんのおすすめは、言わずとしれた恵比寿の名店のポトフー。国産牛頬肉を香味野菜と一緒に低温でゆっくりと軟らかく煮込で仕上げたもの。

肉の大きさととろけ加減もうれしいが、肉と野菜が時間をかけて煮込まれているだけあって、ブイヨンの味も幸せそのもの。

「緻密な味わいでグルマンにファンも多い、川﨑誠也シェフのお料理を家でも楽しめるのが、何といっても魅力です」

レストランアラジンテイクアウト販売サイト
TEL:03-5420-0038
HP:https://lebistroalamaison.stores.jp/

【食賢者推薦の贅沢おもたせ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo