マリッジブルー、29歳 Vol.7

婿養子となる絶望感。女を口説くイージーゲームにハマる、男の末路

弱みにつけ込んで、どんどん口説く照之。それを知った彼女は?


女性を口説くのってね、簡単なんですよ。まず、よく観察してその子の悩みを何となく察知してあげる。

新入社員なんて、一番簡単です。

「仕事大変そうだね。大丈夫?」

そう言って愚痴を聞いてあげればいいんです。その子は、2回飲んだだけで、すぐ一人暮らしの僕の家に来ました。悩みを辛抱強く聞いてあげたので、何の警戒心もないようでした。

イケメンじゃないほうが女子は安心するんですかね?その子とは何回か関係を持ちましたが、真剣になられそうなので、すぐ連絡を断ちました。

そして、次に狙ったのは同じく婚約中だった舞子。婚約者への不満が溜まっていたようで、彼女を口説くのも簡単でしたね。

でも、弱っている女の子ばかりだと依存されちゃうから、その戦法は早々諦めて、遊び慣れている女の子に近づいていきました。

でもね、それがさっぱりつまらなかった。割り切った関係なんて、何が楽しいのか僕には全く理解できません。

すごく悪い男ですけど、やっぱり好きになってもらう方が男冥利につきます。

ゲーム感覚で楽しんでいた浮気は、すぐに彼女にばれましたが、落ち着いた口調でこう言いました。

「父と母には絶対言わないから。」

最初に出てきた言葉がこれですよ?

「私のこと、嫌いになったの?」そんな言葉を、僕は心のどこかで期待していました。取り乱して、泣いて欲しかったんです。


それでも冷静に僕との結婚を決めた彼女は、肝が据わっています。さすが社長の娘です。



正月は、僕の実家に行く前に彼女の実家に挨拶に行く予定です。僕の母親が「あちらの顔を立てないと」としきりに気にするんです。

今まで何となくうまくやってきた僕の人生、終着点はここなんでしょうか?

でも、自分で決めたことなので、もう腹を括ってますよ。彼女との関係も良好です。

人生に過剰な期待はせず、流れに身を任せてうまくやっていく。


僕は、きっとこういう性分なんです。

東カレデート詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

【マリッジブルー、29歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo