東京すき焼きベストセレクション!王道から進化形まで名店6選

割り下の良い香りと肉に火が通っていく様が食欲を刺激する!

もう年末ムードが漂う今日この頃。1年の疲れを癒すには、美しいサシの入った牛肉のすき焼きを存分に楽しみたい!

そんな時は東京都内厳選のこのお店に行って欲しい。今回紹介する6店は、それぞれ王道系、進化系を代表する都内すき焼きの名店ぞろい。

どの店も高級な牛肉をこれでもか!というほど美味しく、贅沢に味わえる。さあ、最高の”肉納め”に足を運ぼう。

「特選黒毛和牛ロース すき焼定食」(1人前16,632円)※お通し2品、お食事、デザート付

【王道】しゃぶしゃぶの名店は「すき焼き」だって超絶品『ざくろTBS店』

昭和30年創業の『ざくろ』は、しゃぶしゃぶを世に広めた店として有名だ。しかしすき焼きも絶品なのをご存じだろうか。

今回は都内屈指の美味しさの「特選黒毛和牛-A5等級-すき焼き」を紹介しよう。

まずはお肉を焼き、続いて野菜を入れるのが『ざくろ』流。

すき焼きはスタッフが丁寧に仕上げてくれる。鉄鍋を充分熱したところで、脂をひき割り下を鍋に入れる。ジュワ~っと甘い香りが漂ったところで、美しい特選黒毛和牛が一枚ずつ投入されていく。まさにこのタイミングで、肉への期待値は極限まで上昇するだろう。

『ざくろ』では、砂糖、醤油、昆布ダシ、みりん、水を独自の配合で混ぜ合わせた割り下を使用。関西風かと思うほど、しっかりとした濃いめの割り下で、充分な満足感を得ることができる。

すき焼きおかわり肉は11,880円。

焼き上がった肉が取り皿へと運ばれ、サッと生卵と絡めて頬張れば、その瞬間にとろけるように口から消えていく……。

「もうなくなってしまった」と思わずにはいられない一瞬の幸福をじっくりと味わいたい。

1人2枚お肉を味わったところで、野菜を鍋に投入。季節によって野菜異なるが、玉ねぎ、しいたけ、エノキ、春菊、こんにゃく、豆腐などが入る。

すき焼きの前には「生牡蠣三昧」(1,188円)や「小ふぐの唐揚げ」(1,069円)、「ひらめ昆布〆からすみ巻」(1,425円)などから2品を選べるお通しも、お酒を飲みつつ楽しめるのが嬉しい。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo