東洋経済 Vol.8

貴方の職場にも必ずいる!「メール即レス」に命をかけ過ぎな、全然使えない二流な人

メールが来たらすぐ返信するのが、デキるひとの条件だと思っているのなら、それは恥ずかしい勘違いです

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。「はたらく女性のかていきょうし」としてお仕事コンサルをしていると、時々こんな質問をいただくことがあります。

「メールって、すぐ返すほうがいいんですか?」

“一流の人はメールの返信が早い”という説を耳にした女性からの質問です。確かに、企業の経営幹部クラスになるような超一流の人の中には、メールの返信が尋常ではなく早い方がいます。しかし、このような方は大抵、「メールを即レスする」だけでなく、少なからず「いったい、いつ寝てるんだ?」と思われるくらい一日中仕事をしています。つまり、メールがすぐに、しかも1日中返ってくることが強烈な印象になり、「一流はメールを即レスする」というイメージを定着させているように思います。


東洋経済オンライン

単なる「メールの返事が早い人」では意味がない!

デキないオトコは「一流の流儀」といった情報に弱いので、単純に「メールを即レスしたら、一流だ」と思い込んでおり、それだけにこだわりすぎるケースをよく見かけます。しかし、残念なことに単なる「メールの返事が早い人」という印象で終わってしまっているケースは少なくありません。

デキるひとの場合、「24時間仕事」型も短時間集中型も、何もメールの返信スピードだけにこだわっているわけではありません。ポイントは、相手に自分の「返信サイクル」を印象付けることです。

デキるひととデキないひとでは、相手に与える印象で差がついているのです。これは、メールの返信法に限らず、仕事上のさまざまなコミュニケーションにおいて言えることです。今回は相手の印象に残るコミュニケーションのお作法について考えていきます。

【東洋経済】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo